大学時代までにやらなければ後悔すること

大学時代までにやらなければ後悔すること

大学時代までにやらなければ後悔すること

大学時代までにやらなければ後悔することについて書いてみたいと思います。

一番は自分が働きたい仕事に就職できるように、勉学に勤しみその下準備を怠らないのが大学生の本分だと思います。

友達関係を大事にするのも大学時代に大事なことです。

大学時代の親友というのは、別々の会社に就職して社会人になって離れ離れになっても、十年先も変わらず再開でき、思い出を語り合える関係なので貴重なんですよね。

なので、勉学と友人関係を育てることは、後々後悔しないように大学時代に真剣に取り組むべきことだと、社会人15年以上経過した今茎太郎は思います。

そして、、、

もし、まだ就職前の大学生で包茎手術をいつかしようかなと思っているのであれば、それは大学生時代に済ませておいたほうが良いと思います。

はっきりいって、社会人になったらめんどくさいことは後回しにしてしまいがちになるため、いつまでたっても包茎という悲しい状況に陥りかねません。

包茎手術は、お金よりも時間に余裕がある時に受けておくべき理由

茎太郎自身は、大学生の時に包茎手術を受けました。

なぜ、包茎手術するのであれば、大学生時代までにやっといたほうが良いかというと、包茎手術終わってからの数週間って結構しんどかったイメージがあるからです。

包茎手術は手術当日よりも術後のアフターケアが大変ってことです。

社会人になると、平日は通常出社しているので、出勤中は手術を受けることが出来ません。

おそらく社会人で包茎手術を受ける場合、土日などの連休を利用する場合も多いでしょうが、
実際に連休を利用して手術した人の中には、あと数日は家でゆっくりしたいのにと感じる人もいると思います。

包茎手術は、手術当日の事がクローズアップされがちですが、個人的には、手術当日よりも術後のアフターケアが大変だった記憶があります。

「包帯を取り替えたり」
「傷口が開かないように勃起することを意識的に抑えたり」
「アルコールや運動をしばらく控えたり」

・・・
とにかく手術直後は、このようにクリニックに言われた注意事項、禁止事項を守りながら生活しなければなりません。

なので、包茎手術をするのであれば、大学時代のように、休みが自由に取れるうちに済ませておいたほうが気が楽だし良いと思います。

ちなみに、包茎手術は茎太郎が手術してもらった時代と比べて、今はかなりリーズナブルな費用で受けることが可能になりました。

包茎手術は費用の安さで決めるのではなく、実績豊富で信頼のおけるクリニックで手術を受けるのが鉄則なのですが、そういったクリニックでも10万円未満で包茎手術してもらうことが可能です。

この料金であれば、大学生のアルバイト代でも受けることができますし、クレジットカードの分割支払いも対応可能なところが多いので、今お金に余裕がるかどうかというよりも、今時間に余裕があるかどうかで包茎手術のタイミングを決めるのが良いのではないかと確信をもっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ