見栄剥きのやり方!包茎男子必見

見栄剥きのやり方!包茎男子必見

見栄剥きのやり方!包茎男子必見

見栄剥きというのは、包茎であることを隠すために、一時的にペニスの皮を剥いた状態を維持することです。

シチュエーションとしては、修学旅行の大浴場や銭湯など、他人の前で下半身丸裸になる必要がある時に見栄剥きを考える人が多いようです。

いわゆる対処療法的に、包茎であることを瞬間的にごまかす方法とも言えるでしょう。

包茎といっても、真性包茎はそもそも皮を剥くことができないので、見栄剥きは仮性包茎の場合に限るでしょう。

カントン包茎の場合も、見栄剥きはしない方が良いです。

カントン包茎は、ペニスの直径と比較し、包皮口の直径が小さすぎる状態のペニスのことですが、こうした状態なのに無理やり見栄向きしてしまうと、包皮口でペニスが締め付けられてしまうため、一時的であっても辞めた方が良いと思います。

大浴場などで、頑張って一時的にカントンペニスを見栄剥きしても

「あいつのチンコ、真っ赤に腫れ上がってなんか苦しそうだね!」

と、周りの友達達に残念な印象を持たれかねません。

「界王拳」というドラゴンボールでスーパーサイヤ人が使う「一時的に戦闘能力をアップさせる」必殺技がありますが、見栄剥きの場合は、このように一瞬であっても無理は禁物です。

結局ハンドタオルで股間を隠すのが一番

結論から言うと、見栄剥きを頑張るよりも結局ハンドタオルで股間を隠すのが一番だと思っています。

一時的に絆創膏などでチンコの皮をさりげなく固定するなどというのは絶対に辞めましょう。

お風呂の水分で、剥がれ落ちる可能性大です。

頑張った分、ばれたときのダメージが大きいので、結論から言うと、タオルで股間を死守するのが良いと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ