ちん毛ボーボーはNG!男の陰毛処理方法

ちん毛ボーボーはNG!男の陰毛処理方法

ちん毛ボーボーはNG!男の陰毛処理方法

ちん毛ボーボーはNG!男の陰毛処理方法いきなりですが、みなさんはアンダーヘアの手入れってしていますか?
アンダーヘアの手入れ・・・つまりちん毛、陰毛の処理のことです。

ほんと恥ずかしい話なのですが、茎太郎は数年前までアンダーヘアの処理をまったくしていませんでした(汗)
というか処理するものだという意識すら皆無でした、、

でも同年代の友達にそれとなく聞いたところ、そのほとんどが、やり方はいろいろあれどアンダーヘアの手入れをしているということだったので、衝撃を受けたことを覚えています。

特に仮性包茎の人は、アンダーヘアが伸び放題(チン毛処理をしていない)の状態だと、陰毛を皮で巻き込んでしまうので、衛生的にも見た目的にもかなりよろしくないと思います。

茎太郎自身、包茎手術後は銭湯などで前をタオルで隠すことはなくなりましたが、当時はチン毛が伸び放題のボーボー状態で堂々としていたことに、少し恥ずかしさを感じています、、

少し前(2010年ごろ)の出来事になりますが、当時の茎太郎と同じく、ちん毛の処理についてまったく意識がない人も少なくないと思いますので、シェアさせてもらおうと思います。

長いちん毛は不潔で不細工

アンダーヘアの手入れ、つまり男の陰毛処理ですが、簡単にいうとちん毛を短くカットするということです。

陰毛処理したことがない人にとっては、処理している人のちん毛も自分のちん毛も大して気にならないものなのですが、一度でも陰毛処理をしたことがある人であれば、陰毛処理していない人のアンダーヘアは見てすぐにわかると思います。

なんというか簡単にいうと、処理されてないチンコは不潔でかっこ悪く見えてくるんですよね、、

以下生えっぱなしでボーボーのちん毛のデメリットを書けるだけ書いてみます。

  • 水着やパンツからちん毛がはみ出たりするので清潔感がなく不潔に見える。
  • 陰部が蒸れてしまい臭いやすい。
  • 抜け落ちた長い陰毛が目立つので、風呂の排水溝やリビングの掃除が大変。
  • チンコの皮にチン毛が巻き込まれ安い。
  • おちんちんが本来よりも短く見える
  • セックスの時邪魔になり、汚れる。
  • オナニーの時に、精液が陰毛に付着することで固まってゴワゴワする。

逆にいうと、陰毛を処理することで、これらのデメリットをメリットに変えることができます。
もはや、処理することのメリットしかないことがわかります。

チン毛は2~3センチの長さにカットしよう

ということで、股間のムダ毛処理(陰毛処理)はしたほうがいいよということをお話しましたが、実際にどの程度手入れすればよいのでしょうか。

ちんげの整え方について、一番手っ取り早く知るには、実際に銭湯や大浴場やスポーツジムのサウナで、それとなく何人かの陰毛を目視でチェックすることでしょう(笑)

ただ、銭湯なんてそんなに行かないって人も少なくないと思うので、茎太郎の周囲の知人がどの程度、そしてどのように陰毛処理をしているかについて書いてみたいと思います。

ざっくりとした感覚値とはなりますが、ほとんどが約2~3センチぐらいに陰毛をカット

しているようでした。

そして、やり方としては

  • ハサミでカットし整える
  • カットの長さを調節できるバリカンを使用する
  • 長さの統一感はないが、T字カミソリでだいたい2~3cmになる程度に切り込む

など、それぞれいろいろなやり方をしている見たいですが、バリカンを使うって人が多かったです。

これは、いろいろ試して自分が一番やりやすい方法で陰毛処理していけば良いと思います。

チン毛はまったく処理しないと、7、8センチぐらいの長さに伸びてしまいます。
これだと、仮性包茎じゃなくても、ペニスと皮の間に巻き込んでしまいますよね。

女性から見ても、きちんと手入れされたおちんちんの方が清潔感があるので、好かれるようです。

メリットだらけですので、アンダーヘアの手入れはぜひやってみてください。

陰毛を綺麗に整えたいなら脱毛クリニックを検討してみよう

  • メンズ リゼクリニック

    メンズ リゼクリニック

    陰毛の脱毛、肛門部分の脱毛など、男性のデリケートゾーンの脱毛をするなら、メンズ リゼクリニックがもっともおすすめです。
    メンズリゼクリニックの特徴は、低料金なのに技術力の高い医療脱毛だという点です。
    そのため、例えば、陰毛を完全に脱毛するだけでなく「部分的に毛を残す」「適度に陰毛を薄くする」といったように、私たちの希望する陰毛スタイルに仕上げることが可能になります。
    もちろん陰部周辺だけでなく、ヒゲや足全体、全身脱毛も行っています。
    カウンセリングは無料で行っていますので、デリケートゾーンの脱毛に興味のある方は、下記公式サイトへのリンク先の、「無料カウンセリングフォーム」から予約を行い、話だけでも聞きに行ってみてはどうでしょうか。

ちん毛の全剃りも少しずつ増えてきている

最近では、アンダーヘアをを短くカットするだけでなく、部分的に、あるいは陰毛全部を剃ってしまうという人も少しずつ増えてきているみたいです。

確かに、茎太郎が通っているスポーツジムでも、時々まったく陰毛が生えていない男性を見かけます(汗)

陰毛が全くない無毛状態をハイジニーナといいます。俗にパイパンとも言います。

欧米では陰毛を全部なくすことがファッションであり、多くの欧米人が陰毛を全処理しているようです。

確かに日本でも女性の間では、ハイジニーナはかなり流行っており、モデルの子などはパイパンの人が多いそうです。

またスポーツ選手に至っては、邪魔になるから、不衛生だから、危ないからという理由で男女ともに陰毛を全部剃る人も少なくありません。

茎太郎が通うスポーツジム内にはサウナ付のスパがあるのですが、確かにここ数年、下半身の男性器周りの毛(チン毛)を全て処理してツルツル状態の男性をそれなりに見かけるようになりました。

外国人が多いスポーツクラブで、パイパン処理している多くの割合は外国人なのですが、中には日本人で全処理している男性も一定数見かけるようになりました。
みなさんタオルでも隠さず堂々としているので、違和感は感じなくなりました。

ちなみに、下半身のあらゆる毛を脱毛することをVIO脱毛と言います。
VIO脱毛という言葉の由来ですが、これはV脱毛とI脱毛が股間の陰毛の脱毛になり、O脱毛が肛門周りの脱毛のことを指します。

V脱毛の部分を詳しく説明すると、ペニス上部の茂み部分の脱毛になり、I脱毛の部分は蟻の門渡り(ありのとわたり)の部分の脱毛のことになります。

陰毛の手入れ済でズル剥けなのがイケてるチンコ

これから、日本でも一般の男性女性ともに股間が無毛な人が少しずつ増えてくると思います。

そもそも、女性に対しては「マン毛ボーボーは嫌」とか言うくせに、自分のことになると「チン毛ボーボー」当たり前ってのはフェアじゃないですよね、、

今すぐ陰毛を完全に脱毛したいという人は、T字剃刀を使ってセルフ脱毛しても問題ないですが、毎日のように自己処理することになるため、デリケートゾーンの皮膚を痛めたり、手入れが面倒というデメリットはあります。

特に、玉袋から生えている「玉毛」や肛門から生えている「門毛」は、部位的に自分の目で確認しづらい上に皮膚も薄いため、手元がくるってカミソリで切ってしまい出血してしまうこともしばしばあるでしょう。

そういうデメリットを考えると、メンズリゼクリニックなどの脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛してもらうと、きれいにアンダーヘアやその周辺を脱毛することができるため安心ですね。

メンズ脱毛も一般的となってきており、昨今では手軽な値段でVIO脱毛できるようになってきました。

ただまだ男性全体からみると少数派だと思いますので、今は陰毛を不潔に見えないように整えたいということであれば、はさみや市販のバリカンをつかって、2~3センチ程度に長さを整えるだけでも、イケてる男性の陰毛処理方法ということで、かなり印象も変わってくること間違いなしです。

チンゲが剛毛であれば、上記のメンズリゼクリニックの脱毛施術で、チン毛を薄く脱毛したり、チンゲの大部分を脱毛するなどすれば、程よいボリュームのチンゲにすることもできるでしょう。

まとめると、包茎でない剥けてるチンコで、陰毛も短くカット(場合によっては全処理、部分脱毛)ってのが、男性の下半身の理想的な姿だといえると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ