背面切開法が包茎手術の術式として相応しくない理由

背面切開法が包茎手術の術式として相応しくない理由

背面切開法が包茎手術の術式として相応しくない理由

背面切開法が包茎手術の術式として相応しくない理由背面切開法とは包茎手術の術式の一つです。

その他にも包茎手術の術式には、「環状切除術」「亀頭直下埋没法」「亀頭下環状切開術」「クランプ法」「ナチュラルピーリング法」「根元部固定法」などがあります。

ただ包茎手術の術式を全て丸暗記している人なんて、よほどの包茎マニアでもない限りいないと思いますので、初めて聞いたという人も安心してください。

そんな「背面切開法」ですが、包茎患者にとっては人気があまりない術式として知られています。

なぜ「背面切開法」は包茎患者から選ばれないのか。

「背面切開法」のメリットとデメリットの両方を頭の片隅にでも入れておき、いつか包茎手術をする時に思い出していただいて、包茎クリニック選びの判断基準の一つにしてもらえたらと思います。

背面切開法は狭い包皮口を切開する手術

背面切開法とは、包茎ペニスの先っちょ(包皮口)を手術メスやハサミで切開することで、狭すぎた包皮口を広げてあげる包茎手術の術式の1つです。

ご存知の通り、ペニスの皮の入り口が狭すぎる包茎ペニスは亀頭を外に出すことが出来ないため衛生的に望ましくありません。

その問題を解消するために、ペニスの皮の背面を切開してあげることで、包皮口を広げ露茎できるようにするのが背面切開法という術式になります。

背面切開法の対象は真性包茎とカントン包茎

背面切開法は、包皮口の狭いペニスに対する手術になるため、対象は真性包茎とカントン包茎になります。

包皮口が狭いわけではない仮性包茎は、包皮口を切開する必要がそもそもないんですね。

なので、手で皮を引っ張れば難なく亀頭が全部露茎出来るペニスには、この背面切開法は適合しないということになります。

背面切開法のデメリットは仮性包茎が解消されないところ

このように、背面切開法は狭い包皮口にメスを入れるだけの手術になります。

そのため、背面切開法による包茎手術を言い換えると、真性包茎やカントン包茎を仮性包茎化する術式とも言えます。

多くの人は、「真性包茎(カントン包茎)を仮性包茎化する術式」よりも、「真性包茎(カントン包茎)を完治させる(ズルムケ状態にする)術式」を望むと思うので、そういう人には背面切開法は全くお勧めできないデメリットの多い術式となってきます。

背面切開法のメリットは手術が簡単なところ

茎太郎は、背面切開法のメリットはほとんどないと思っています。

狭い包皮口にメスを入れるだけの手術ですからね。

長い皮を切除して縫合しないため、真性包茎やカントン包茎を仮性包茎化するだけなので、包茎を完治させたいのであれば、むしろ選ぶべき手術ではないと思っています。

ただデメリットだけ書いて、メリットを書かないのもどうかと思いますので、強いて背面切開法のメリットを挙げるとすると、手術が簡単に終わる点においては他の術式よりも当てはまっているのかなとは思います。

でも、包茎患者が望んでいることは、手術が簡単に終わることではなく、包茎を完全に治したいことだと思うので、メリットにすらならないのではないかと思います。

包茎を完治させるには背面切開法は最適ではない

それから、背面切開法を取り入れてる病院は、「真性包茎(およびカントン包茎)手術に保険適用が可能な泌尿器科」がほとんどです。

包茎手術を専門とする大手の包茎クリニックでは、まず見かけない術式だと思ってよいでしょう。

真性包茎状態を治療することに対しての保険適用なので、それ以外のクォリティーは望めないというわけです。

包茎手術に何を求めるかは人それぞれだと思いますが、仮性包茎状態何て嫌だという人は、背面切開法ではなく、包茎クリニックが取り入れているその他の術式を検討することをおすすめします。

手術後の見た目はどうでもいいから、とにかく1円でも安く真性包茎状態、カントン包茎状態を治せれば問題ないという人は、背面切開法を検討しても良いと思います。

自分の希望する包茎手術がどこで受けられるのかを知ることが大事

そもそも、包茎患者は医者を目指しているわけではないので、包茎手術の個別の術式についてそれほど詳しくなる必要はありません。

言うまでもなく、包茎患者にとって一番大事なことは、包茎手術の中身ですからね。

  • 「包茎手術ってどのぐらいの痛みなのか」
  • 「包茎手術後の見た目は目立たないだろうか」
  • 「包茎手術費用の総額はいくらぐらいなんだろうか」
  • 「包茎手術ってどのクリニックがコスパ良いのか」

このように、大事なことは「包茎施術方法に詳しくなること」ではなく「自分の望む手術がどのクリニックで施術可能なのか」を知ることだと茎太郎は思っています。

※関連記事:包茎手術の費用総額はいくらぐらいが妥当か

ですが、「背面切開法」は包茎手術の術式としてはあまりおすすめできない手法になるため、あえて詳しく「背面切開法」について解説してみました。

あなたが手術を受ける病院が「背面切開法」の術式で包茎手術をしようとしているのであれば、今回のことを思い出していただいて、手術前に仕上がりについて再確認して納得の上で手術の決断をされることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ