カントン包茎とは何か

カントン包茎とは何か

カントン包茎とは

包茎には大きく3つの種類がありました。

カントン包茎というのは、そのうちの一つ。

他の2つは、真性包茎と仮性包茎でしたね。

嵌頓包茎という難しい漢字になります。

そのカントン包茎。実は3つの中で一番深刻な包茎なんです。

そんなカントン包茎ですが、一言でいうと

無理して亀頭を露出させている状態

ということができると思います。

カントン包茎は、真性包茎と仮性包茎のちょうど中間

カントン包茎は、真性包茎と違って剥けることは剥けるのですが、
オチンチンの皮の入り口(包皮口・包皮輪とも呼びますが)が狭すぎて、ペニスが締め付けられるという状態になります。

茎太郎は真性包茎だったので、広東包茎を身をもって体験したわけではありませんが、カントン包茎の状態って

真性包茎と仮性包茎のちょうど中間ぐらい

なんだと思っています。

真性包茎と違って、何とか包皮を剥くことができる。

でも、普通のチンコや仮性包茎のチンチンと違って、
包皮輪に十分な余裕がないため、ペニスが包皮口に締め付けられてしまうというわけです。

これは、本当に恐ろしいことです。

カントン包茎は健康な日常生活を送る上で支障がある

真性包茎でもふつうに勃起はします。

ちょっと狭苦しいですが、締め付けられるような痛みを伴うことはありませんでした。

でも、嵌頓包茎は違います。

セックスだけにとどまらず、オナニー、マスターベーション、朝立ちに至るまで、勃起したらペニスが締め付けられて痛みが付きまとうのです。

カントン包茎の程度にもよりますが、包皮口もペニスも赤紫色に痛々しく腫れ上がり、もはや日常生活をまともに送れる状態ではないことは一目瞭然です。

手術の緊急性という意味においては、真性包茎よりもむしろ緊急度は高いのではないかと思います。

カントン包茎の程度にもよりますが、ペニスが締め付けられることで壊死してしまい、使い物にならなくなる危険性もあるとのことなので、早めの治療を強くおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ