トイレ掃除が大変な一番の原因と解決法

トイレ掃除が大変な一番の原因と解決法

トイレ掃除が大変な一番の原因と解決法

トイレ掃除が大変な一番の原因と解決法誰にとってもトイレ掃除は、大変な仕事の一つですよね。

茎太郎は中学生のころから実家のトイレ掃除を手伝っていましたが、はっきり言って苦手な部類のお仕事でした(汗)
でも実はトイレ掃除をしようと思うまでが一番しんどくて、いざ取りかかってしまえば、もっと隅々まできれいにしようと凝り始めるものでもあるんですけどね(笑)
そしてトイレ掃除が終わったあとのピカピカした綺麗なトイレを見るのが好きだったりします。

ちょっと話が脱線しましたが、、トイレ掃除はかなり大変です。
これは、家事の一環としてトイレ掃除をしている主婦の方はとても実感しているのではないでしょうか?

  • 少し前に便所掃除したばかりなのに、なんでもう汚れてしまっているんだろうか。
  • この汚れの原因、汚した犯人(!笑)はいったい誰なんだろうか?

これについては、少し心当たりがあるので、茎太郎が考える「トイレ掃除が大変な一番の原因」について少し書いてみたいと思います。

トイレ掃除で一番困るのは、飛び散ったオシッコの清掃

ところで、みなさんがトイレ掃除するとき、一番困るのはどんな時ですか?
いろいろな意見があると思いますが、トイレ掃除で一番困ることに

トイレ中飛び散ったオシッコをきれいにすること

を挙げる人はかなり多いと思います。

これは、「座ション(ざしょん)」という言葉が流行することからもわかってもらえると思います。

これはつまり、
「オシッコが飛び散らないように、男性は小便の時も座って用を足してくださいね!」
ということで、男性が用を足した後に、便器の周囲に飛び散っている尿の掃除の大変さを物語っています。

便器の周りといっても広範囲にわたり、スリッパがオシッコでびしょ濡れの場合もありますし、壁にオシッコのしずくが飛び散っているといった壮絶な現場を目撃することもしばしばありますよね(汗)

つまり、こうしたオシッコが四方八方に飛び散る原因を突き止め、それを防ぐ手立てがあれば、便所掃除・便器清掃は格段に楽になるということだということもできます。

包茎の人のオシッコは飛び散りやすい

そもそも、なぜオシッコがあちこちに飛び散っているのでしょうか?
不思議なことに、「座ション」しなくても、便器周りを汚さない男性も少なからずいるのです。
これは何が違いなのでしょうか?

当たり前ですが、男性もわざとトイレを小便で汚しているわけではありません。
実は、オシッコを出す入口に皮がかぶっていると、通常であればまっすぐ飛ぶはずだったオシッコの軌道が邪魔され、あたりに飛び散ってしまうのです。

茎太郎も包茎だったからわかるのですが、オシッコをまっすぐ便器の中に飛ばそうと気を付けても、皮が邪魔して、思ってもない方向にオシッコが飛び散ってしまい、和式様式問わず便器を汚しただけでなく、ズボンの裾や足元の靴や靴下にかかったりと散々な目にあいました。

つまり、オシッコで便器を汚すことに包茎が大きく影響していることは、経験上間違いない事実なのです。
これを防ぐには、大きく2つの方法があります。

包茎の人は必ず座ションすること

包茎の人はトイレを自分のおしっこで汚しやすいということについて話しましたが、その対策を大きく2つお話ししたいと思います。

一つは、包茎を治してしまうことです。

茎太郎も、20歳の時包茎手術をすることで、包茎を治しました。
それ以来、オシッコが飛び散ることは前より格段に少なくなりました。
まぁ距離がありますから、100%一滴残さずオシッコを便器の中に放出することは難しいですが、包茎だったころのように、毎回のようにひどく飛び散ることはほとんどなくなりました。
パンツをオシッコで汚してしまうこともなくなりました。

包茎手術に興味がある人は、下記におすすめのクリニックを紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

もし包茎のまま今後の人生を過ごすのであれば、たとえ面倒でも洋式・和式トイレは座ってオシッコする「座ション」スタイルで用を足すようにしましょう。

でないと、トイレを掃除する人を中心に周囲の人間に多大な迷惑をかけることになります。

小便器では座ションすることができないので、下半身を小便器に出来るだけ近づけて、おちんちんを手で固定して注意深くオシッコをするようにしましょう。
たまに居酒屋のトイレとか行ったときに、スリッパが誰かの小便でグショグショになっていることがたまにあるのですが、こちらの足にアンモニア臭が付いてしまい、かなりの怒りを覚えることがあります。

トイレは一人で使うものではなく、みんなで使うものです。
オシッコが飛び散らないように、他の利用者や清掃してくれる人に対しての思いやりを忘れず、十分注意して用を足すようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ