亀頭直下埋没法のメリットデメリット

亀頭直下埋没法のメリットデメリット

亀頭直下埋没法のメリットデメリット

亀頭直下埋没法は、包茎手術の施術法の1つです。
その名のとおり、包皮の縫合箇所を亀頭のカリの部分の直下にもっていく手術のことです。

亀頭直下埋没法は手術名称なので、「亀頭直下法」とも「亀頭直下方法」とも呼ばれますが、いずれもこのタイプの手術方法です。

この手術法のメリットデメリットについて茎太郎の考えを書いてみたいと思います。

亀頭直下法のメリット

一般的に、亀頭直下法で手術した場合、亀頭の傘のすぐ下に手術跡がくるので、
手術の傷跡がカリの部分に隠れてよりわかりにくくなるというメリットがあると思います。

多分イメージはつきやすいかと思います。

ただ大事なのは、亀頭直下法で手術を受けるのであれば、
その手術法のメリットに対して、自分自身で臨場感を持ち納得することだと思います。

クリニックによっても亀頭直下の位置が異なってくるかもしれないので、

・亀頭から縫合部までの距離がどのぐらいなのか
・実際に亀頭直下法で手術受けた人の手術箇所はどうなっているのか

を事前のカウンセリングの際に確認するのが何よりも大切だと思います。

そして自分自身納得した上で手術を決めるのが良いかと思います。

自分が手術名から想像していた手術と実際には違っていたとならないように、カウンセリング時や問い合わせ時に必ず確認することをおすすめします。

亀頭直下法のデメリット

亀頭直下法のデメリットですが、まず第一に

亀頭直下法は手術費用が高くなる傾向がある

ということがデメリットとしてあげられます。

なぜ手術料金が高くなる傾向にあるかというと、
亀頭直下ではない位置での手術に比べ、亀頭直下での手術は難しく、
高度な技術を持つドクターでなければ施術することが難しいからです。

技術が低くても施術できるクランプ法と真逆ですね。

ですので、多くのクリニックではこの亀頭直下法による手術をオプション手術として、
希望者には、基本料金に上乗せする形で、通常よりも手術費用の総額が高くなるパターンが多いのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ