包茎手術と詐欺事件

包茎手術と詐欺事件

包茎手術と詐欺事件

とても残念なのですが、包茎手術詐欺って言葉があります。

茎太郎自身は全くこの詐欺にあうことがなかったのですが、

『必要性の低いオプション手術を、あたかも『あなたには必要ですよ』と思わせ、手術に盛り込むことで、高額な手術費用を請求する手口』

のようです。

例えばの話、10万円の仮性包茎の手術を受けるためにAクリニックを訪れたとします。

ホームページに書かれている内容を事前に見ているので、この10万円の手術内容についてもだいたい頭に入っています。

しかしその手術前のカウンセリング時に、担当ドクターやカウンセラーから

「あなたの亀頭小さいですね。亀頭が長期間圧迫されていたせいでしょう。こんな状態だと彼女を満足させることも難しいと思いますよー。包茎手術に加えて40万円の『亀頭増大手術』もいっしょに受けるべきだと思いますがどうでしょう。」

「あー、この10万円の手術は確かに安いんですが、この写真のように酷い傷跡が残ってしまいますよ。でも50万円のオプションをつけることで傷跡が目立たなくなるので、とってもおすすめです!」

「手術時の痛みは少ないってホームページには書いてますが、それはこの8万円の無痛オプションをつけた時に限った話なんです」

・・・

こんなことを手術前に言われたら患者さんはどんな気持ちになるでしょうか。

ただでさえ、手術を前にして不安な気持ちでいる患者さんは、医者の言うことを信じて、すすめられたオプション手術をそのまま受けてしまうことも少なくないと思います。

その結果、当初10万円だった手術費用が200万円になってしまったりする事件が起きてしまったため、包茎手術詐欺事件という不名誉な言葉が生まれてしまいました。

もちろん、オプション手術を勧めること自体は全く問題ではありませんし通常の商行為です。

問題はその手口が強引であったり、不安を必要以上にあおったりして、患者さんが当初想定していた手術費用をはるかに超えた高額な手術内容を契約させてしまうことが問題なんです。

これは、そのほかの真面目に運営している大多数の包茎クリニックからしてみればとても迷惑な話だったと思います。

このような事件を起こすクリニックは少数だと思いますし、クリニック全体で組織ぐるみで行っているというよりも、一部の店舗が独自の判断で起こすケースが多いらしく、クリニックの系列名で見分けるのは難しいと思います。

手術を受ける側としては、このような包茎手術事件に遭遇しないために、自分の身を守っておくにこしたことはありません。

要は、手術やカウンセリングを予約する時点で自分の受けるべき手術内容を決めておくのです。そうすることで

「自分の手術内容」
「自分の手術費用」

が決まり、クリニック側にオプション手術や他の手術を勧められた場合でも、不要であれば、その時点で断ることが出来ます。

納得がいかなければ、そのクリニックとは縁がなかったということで、手術を受けずに帰ってくれば良いのです。

カウンセリング時の場の主導権は私達が握っておくのです。

手術するも自分、納得いかなければ断るのも自分というようにです。

それ以外でおすすめなのは、カウンセリングや手術の予約を電話で行うのではなく、クリニックのWEB上のフォームから行う事です。

問い合わせや質問は電話の方が手っ取り早いこともあると思いますが、予約はWEBフォームからが良いと思います。

というのも、一生の一度の大事な手術になるので、言った言わないの話にならないように、自分の選択内容や希望を口頭で済ませるのではなく、文書として履歴を残すことがいざというとき大事になってくると考えているからです。

細かいことになってきますが、このような小さなことの積み重ねが、結局は自分の身を守るために一番大事になってくると思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ