包茎手術の費用、包茎治療料金の相場について

包茎手術の費用、包茎治療料金の相場について

包茎手術の費用 料金の相場

包茎手術の費用 料金の平均的な相場はどのぐらい?包茎手術にはどのぐらいの費用がかかるのか。

包茎手術する病院・クリニックを選ぶ際、手術にかかる治療費は重要な指標の一つになってくるので、包茎手術料金の相場はあらかじめ知っておいたほうが良いです。

包茎手術の料金ですが、実は「包茎の種類」や「手術を受ける病院をどこにするか」によって結構変わってきます。

手術費用の比較・考察の詳細は後ほど詳しく述べますが、包茎手術にかけるべき費用の考え方としては、

  1. これまでの「包茎手術実績数が豊富」で
  2. 「手術費用も良心的」な
  3. 包茎手術専門の「包茎クリニック」

で手術してもらうのが王道になっておりおすすめです。

「包茎クリニック」での手術に限定しているのには訳があります。

実は「包茎クリニック」以外に「一般病院の泌尿器科」でも包茎手術を受けることが出来るのですが、手術費用が比較的割安であるかわりに、「包茎クリニック」のような「きれいで自然な仕上がりの手術」は全く期待できないのです。

それもそのはずで、「包茎クリニック」が、包茎手術を専門に行っている包茎手術のプロフェッショナルであり、安全性はもちろん、手術後の見た目の仕上がりを第一に考えているのに対し、「病院の泌尿器科」は、泌尿器全般に関する疾患を診る診療科であり、包茎治療はその多くの中の一つにすぎず、手術後の仕上がり具合を最終的な目的としていないという違いがあるからです。

なので、何の考えもなしに近くの泌尿器科でさくっと包茎手術して、あとあと後悔することにならないように十分注意してください。

泌尿器科だと、真性とカントンのみ保険適用で総額3万円程度か

病院の泌尿器科だと確かに手術価格は安いが、手術箇所をきれいに仕上げたいなら絶対に避けるべき!真性包茎やカントン包茎の場合、病院の泌尿器科であればリーズナブルな料金で手術を受けられる場合があります。

なぜなら、真性包茎、嵌頓包茎は、保険診療対象となっているため、保険診療可能な泌尿器科であれば、3割の自己負担で包茎治療を受けることが出来るからです。

そうした場合、真性包茎手術代、カントン包茎手術代の自己負担分は、だいたい1~3万円といったところになってくると思います。

その場合、手術代とは別に薬代だとかアフターケアの診察料金が必要になってきますので、最終的には総額でだいたい3万円程度のコストを考えておくとよいかもしれません。

ちなみに仮性包茎は保険診療の対象外と決められているので、どこで仮性包茎手術を受けても100%自費診療になります。

一見すると、「泌尿器科で真性包茎やカントン包茎手術をすると費用が格安みたいだしお得なのかな?」
と思いがちですが、それは間違いです。

なぜなら、さきほどお話しした通り、包茎手術を専門に行っている「包茎クリニック」と、一般病院の泌尿器科の双方では目指している包茎手術に対する考え方が全く異なっているからです。

もちろん、包茎手術専門のクリニックであっても、一般病院の泌尿器科でも安全性を重視していることは医療機関として当たり前です。

ただし、包茎手術のプロフェッショナルとして「包茎手術後の見た目の仕上がり」に徹底的にこだわっている「包茎クリニック」とは違い、一般病院の泌尿器科での包茎手術はあくまでも「包茎でない状態にすること」が目的です。

つまり、保険適用可能な一般病院の泌尿器科そもそも手術箇所を見た目きれいに仕上げることに主眼が置かれていないのです。

そもそも病院の目的は、病気を治すことですから、仕上がりとか美容的な観点が期待できないのは、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

包茎ではなくなるのだし、まともに性生活や尿の排泄もできるようになるのなら、別に手術箇所の見た目の良し悪しなんて気にしないよという人であれば、近くの保険適応可能な泌尿器科で手術を受けてもいいと思います。

ですが、ほとんどの男性にとって、男性器は命の次に大事な宝物と言っても過言ではありません。
包茎手術によって、術後の傷跡が酷く残ってしまうリスクが高いのは困りものですし、絶対に避けたいと考えるのが、多くの男性が本能的に感じている本心でしょう。

  • 手術の箇所が出来るだけ目立たない方が望ましい
  • 傷跡が目立たないような、自然な仕上がりの手術をして欲しい

といった「手術の質・クオリティ」にこだわりたいという場合は、手術費用の相場は少し上がりますが、包茎手術を専門に行っているクリニックで手術することを強くおすすめします。

包茎クリニックだと手術費用が15~20万円程度が相場だが、その半額以下で施術している実績豊富な優良クリニックも存在する

包茎手術専門のクリニックだと15万円~20万円が相場一方の、包茎手術を専門としているいわゆる包茎クリニックでの包茎手術は、病院の泌尿器科での手術と比べ手術費用が若干高くなります。

多くの包茎クリニックの手術費用の設定価格を見てみると、基本料金をだいたい15万円~20万円の間に設定しているクリニックが多い感じがします。

そのため、感覚値とはなりますが、包茎手術費用の相場ってどのぐらいなのかというと、おそらく総額で15万円~20万円程度ってとこになると思います。

なぜ、包茎クリニックの方が一般病院の泌尿器科よりも手術料金が割高に設定されているのか。

それは包茎クリニックの方が、一般病院・総合病院の泌尿器科よりも包茎手術のクオリティ(質)が高いからなのですが、具体的に言うと

  • 手術した箇所が目立たない自然な仕上がりであること
  • 可能な限り手術中の痛みを和らげる手術テクニックを持っている
  • 包茎手術を専門に数多く施術してきたことによる総合的な信頼感、安心感

これら全てにおいて、包茎クリニックの方が病院の泌尿器科よりも期待できるということにつきます。

包茎手術を専門に行っていない、全国の一般病院の泌尿器科だと、これらが期待できないため、包茎手術を専門としており技術力の高い、包茎クリニックに手術をお願いする人が多いというわけです。

茎太郎自身も、後悔したくなかったため、包茎クリニックでの手術を迷わず選びました。

いつだったか、医学系の雑誌に、泌尿器科で手術を受けた人の手術後のオチンチンの写真が掲載されていたのですが、そこに手術後半年以上たっているのにもかかわらず、竿(陰茎)の真ん中辺りの目立つ箇所に醜いケロイド状の傷跡が残っているのを見て、ぞっとしたのを覚えています。

その時改めて、包茎手術の実績数の多い、包茎手術専門のクリニックで手術してよかったなと思ったものです。

包茎クリニックで手術することの、唯一のデメリットは手術費用がなんだか高そうという点です。

ですが、包茎クリニックの手術費用は昔と比べて「競合店が増えてきたこと」や「技術革新」などを理由に年々リーズナブルになってきている印象があります。

そんな中でも、特におすすめなのが、「ABCクリニック」「上野クリニック」です。

一言でいうと、手術費用と実績を鑑みたクリニックの信頼性の両面から見た場合、真性包茎手術とカントン包茎手術は「上野クリニック」がおすすめで、仮性包茎手術は「ABCクリニック」がおすすめだと茎太郎は考えています。

詳細は、下記クリニックの公式サイトでご確認ください。

確かに、上野クリニックと一般病院の泌尿器科を比べた場合、真性包茎手術、カントン包茎手術に関して、一般病院の泌尿器科で「保険診療」適用の上で手術を受けた方が、3~4万円程度安く済むかもしれません。

ですが、その程度の価格差で、手術実績数の豊富な上野クリニックのような包茎クリニックで手術が受けられるなど本当に安いものだと茎太郎は思っています。

分割払いも可能ですし、一生に一度の手術で後々後悔したくないですからね。

注意点としては、仮性包茎手術と真性包茎手術の料金設定が異なるクリニックが多いので、自分が受ける包茎手術の場合だと、どのクリニックがおすすめなのかを間違えないようにしてください。

仮性包茎手術に関しては、コストパフォーマンス考えても、ABCクリニックが断トツでおすすめですね。

料金システムが不明瞭なクリニックは避けましょう!

また、料金プランを明確に記載していないと感じたら、そのクリニックで手術をするのは避けた方が良いです。

メニューに値段が書いていないレストランに入ろうと思いますか?
怖くて食事どころじゃないですよね(汗)

それと同じで、手術料金が一番気になっている人に対して、何らかの理由でその情報を明確にしないクリニックや病院は、患者の気持ちに立っていない時点で、信頼に値しないと思っています。

ちなみに、上記でお勧めしている「上野クリニック」「ABCクリニック」はいずれも良心的な手術費用にくわえ、公式サイト上での料金設定がとてもシンプルかつ明瞭でわかりやすいのでおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ