包茎手術、包茎治療の際のクリニックや病院の選び方

包茎手術、包茎治療の際のクリニックや病院の選び方

包茎手術治療クリニック・病院の選び方

包茎手術治療クリニック・病院の選び方包茎手術のための病院選びについて書いてみたいと思います。

包茎手術クリニックの選び方にはポイントがいくつかあるので

・病院の泌尿器科と専門クリニック
・治療費の妥当性
・運営歴史の長さ

この3つのポイントに分けて書いてみようと思います。

病院の泌尿器科とクリニックでの手術の違い

包茎治療のため手術を受けようと思った場合、

・病院の泌尿器科で外科手術を受けるか
・包茎専門の治療クリニックで手術を受けるか

選ぶことになります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので書いてみたいと思います。

ちなみに、茎太郎は包茎専門の治療クリニックで手術を受けました。

◆手術治療費の面

真性包茎については、健康保険の適用が認められています。
事前に必ず確認は必要ですが、病院の泌尿器科で真性包茎の手術を受ける場合は保険適用になるため、その場合自己負担は少なくなります。

一方、包茎治療専門クリニックで受ける包茎手術には一切保険の適用は認められないため全額自己負担となります。

ただし泌尿器科で保険適用で手術を受けると、包帯代や痛み止めなどの薬代や次回以降の通院、アフターケアなどは別途費用がかかってきます。
包茎クリニックの場合は、これらは手術費用に全て含まれているところがほとんどです。

それでも、やはり泌尿器科で保険適用の上で包茎治療するほうが安上がりではあります。

つまり、手術費用の安さの面だけみると

病院の泌尿器科>包茎クリニック

となります。

◆手術スキルの面

しかしそれ以上に大事になってくるのが、手術の仕上がりの自然さだと思います。

手術の傷跡、縫いあとがきわだったり、ケロイド上に目立ったりすると、手術後も別のコンプレックスを抱え続けていくことになりかねません。

手術跡を可能な限り目立たなくさせるためには、一般病院の泌尿器科よりも包茎手術専門のクリニックで手術されることを断然おすすめします。

なぜ包茎手術専門のクリニックが一般病院の泌尿器科よりも、包茎手術の完成度が高いかというと

まず、この両者ではこなしてきた包茎手術の件数が桁外れに違います

包茎専門のクリニックは、施術のほとんどが包茎手術なので、包茎手術に関して圧倒的な経験値があります。

特に、当サイトでおすすめしている包茎クリニックは、いずれも圧倒的な数の包茎手術をこなしている包茎手術のプロフェッショナルばかりですので、他の包茎クリニックよりも信頼度は高いと思います。

一方の一般病院の泌尿器科は、包茎手術を専門にしているわけではありません。

包茎の患者さんが来院したときのみ包茎手術を行うことになるので、包茎手術に関する経験値が包茎専門クリニックほど多くありません。

そのうえ、この両者では包茎手術に対するスタンスが基本的に異なります。

泌尿器科は、その名の通り包茎を治療することが目的です。

一方の包茎クリニックは包茎を治療しますが、それだけが目的ではありません。
包茎クリニックが最も大事に考えているところ、それは美容的な観点で

いかに傷口を目立たなくできるか、いかに自然な仕上がりにできるか

これが最大の目的になっているのです。

患者さんの多くが、手術後の仕上がり具合を気にしていることから、包茎クリニックはこの手術箇所の美容的な観点で他のクリニックを上回ることができないと、他のクリニックに患者さんがながれていってしまいます。クリニックの存続すら危うくなってくる非常に重要なポイントなのです。

このように、一般病院の泌尿器科と包茎クリニックとでは、最初から包茎手術における目指すところが異なっているのです。

包茎手術は一生に一度のとても大事な施術になります。

長い目で見ると、多少の料金の安さに右往左往するよりも、包茎手術専門のクリニックで、安心して手術を受けることをおすすめします。

治療費が明瞭なクリニックを選ぼう

包茎治療クリニックの中では、ホームページに「包茎治療●万円」などと専門クリニックにしては非常に格安な治療費が掲載されているところもあります。

ただ、気をつけてください。

最低限、必ず事前に確認してもらいたいのが

・その治療費は何の治療費なのか
・それ以外にかかる費用はないのか(総額なのか)

という点です。

「いやー、これは仮性包茎の治療費なんですよ。真性包茎の場合は○○円ね(HPには書いてないけど)。」
「あ、これ基本料金ね。患者さんの要望でオプション費等が別途かかりますよ。」

なんてことはザラです、、(汗)

そんなわけで、まずは『料金体系が明瞭会計なクリニック』を選びましょう。

つまり雪だるま式に治療総額が膨らむクリニックは、後々もめることになる可能性が高いのでやめておいた方がいいです。

その上で、その手術内容にオプションを含めたいのであれば、必ず手術前のカウンセリング時に手術の総額について確認をとっておいてください。

またカウンセリングが無料であること。
そしてカウンセリング後、そのクリニックで治療を受けるか受けないか決める自由があることを事前に確認しておくことが望ましいです。

ちなみに茎太郎は「施術実績数が多く」「明瞭会計」なクリニックを選び「基本施術(オプションなし)」で手術してもらいました。

運営歴史の長さはクリニックの信頼に通じる

もし、手術を受けたクリニックが翌月倒産して閉院してしまったら?

アフターケアを安心して受けることが出来るのか、今後何か問題が生じたときにどのように対応してくれるのか

不安になってしまいますよね。

そんなわけで、クリニックの運営の長さはクリニック選びの観点としてとても重要な指標になってきます。

包茎治療というとてもデリケートな手術を行うクリニックが長い間運営を続けてこれたということは、手術内容や治療費やアフタサポートなど多くの面で患者さんに評価され続けてきたということができるからです。

また私達の大事な個人情報を守ってもらう点でも、出来たばかりで実績が少なくいつ潰れるかわからないクリニックで治療を行うよりも、長い間大きな問題もなく運営を続けてきたクリニックに治療を任せるほうが安心だということもできると思います。

そしてカウンセリングや手術の予約は電話でなくWEBフォームから

そして、最終的に包茎手術を受けるクリニックを選ぶと、手術の前にそのクリニックで無料のカウンセリングが行われます。

ここでワンポイントアドバイスですが、包茎手術、手術前のカウンセリングを予約する方法は2通りの方法があります。

1.クリニックのホームページ上に載っている電話番号に電話する方法
2.クリニックのホームページ上の予約フォームから申し込む方法

ですが、万が一、高額請求詐欺などのトラブルに巻き込まれないために、「2」の予約フォームから申し込む方法を強くおすすめします。

先述したとおり、包茎手術の際一番大事なのは、

自分の希望する手術内容通り手術してもらうことです。

当たり前の話なのですが、そのためにも、自分の希望する手術内容を口頭で伝えるのではなく、WEBフォーム上から送信することで文字として残しておくことがもっとも確実だと考えているからです。

言った言わないの話になることを避ける点でも有効ですし、フォームから予約することで自分の意思を文字として残すことが大事になってくると思っています。

WEBフォームからカウンセリング予約すると、決定した日にカウンセリングに行き、最終的に手術するかどうかを決めることになります。

電話で口頭でカウンセリング予約してる場合だと、また最初から自分の希望を伝えることになり、カウンセラーが提案してきたオプション手術を組み合わせて手術してしまうと、当初想定していた金額を上回る手術費用になる場合がかんがえられます。

一方、予約時にWEBフォーム経由で申し込むと、申込内容が文書やデータとして残りますので、

「自分の希望は、WEBフォームから送信した内容の通りとなります。総額○○円で大丈夫なんですよね?」

と自分が主導権を持ちながら、手術内容を決めていくことがやりやすくなると思います。

フリーダイヤルにかけるのは急いで質問したいときのみ

もちろん、質問等は電話でした方が手っ取り早い場合もあると思います。

電話でなくWEBサイトのフォームからというのはあくまでも予約時のことです。

急ぎの質問等は、フリーダイヤルにしてもよいと思います。

そして、質問事項が自分の中で解決したら、いったん電話を切って、自分の頭の中を整理します。

それからWEBフォームに必要事項を入力し予約申し込みをするのが良いと思います。

あくまでも、包茎手術が終わるその瞬間まで、自分のペースで、自分が主導権をもって、自分の希望通りの手術をしてもらえるように、慎重にすすめていきましょう。

以上、まとめると包茎クリニックの選び方としては

・毎年多くの治療実績があり
・クリニック運営歴が長く
・治療費が明瞭会計である
・包茎治療専門のクリニックを選び

電話でなくWEBフォームからカウンセリングや手術の予約をする

というのが茎太郎のおすすめです。
包茎手術を考えている人は、参考にしていただけたらと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ