地方には包茎手術の病院がない! -茎太郎の包茎手術体験記

地方には包茎手術の病院がない! -茎太郎の包茎手術体験記

地方には包茎手術の病院がない!

地方には包茎手術の病院がない!茎太郎は、包茎人生を一日も早く終わらせたい気持ちでいっぱいです。

茎太郎の場合全く剥けない真性包茎なので、包茎人生を終わらせるには、包茎手術を受ける以外にはありません。

包茎手術ってどんな手術なのか?

どこで包茎治療を受けるのか?

包茎手術にはいくらぐらい費用がかかるのか?

手術後どんな風に変わるのか?

秋田市内(茎太郎の地元)で包茎治療は受けられるのか?

・・・・・・・・・・・・・・・
茎太郎は何一つ包茎手術についての知識がないことに気づきました、、(汗)

早く調べなきゃ。

茎太郎は、以前コンビニで買ってきた少年誌を本棚から引っ張り出してきました。

雑誌広告に掲載されていたクリニックの正体

そう。「クリニックの奇妙な広告」のページでも書いたように茎太郎はこの少年誌に掲載されていたクリニックの広告で包茎について知ったのです。

そういえば、自分が包茎だってことに気づいたショックの余り、それ以外の部分に目を通していなかったっけ。

茎太郎は、この広告を出しているクリニックの名前すら目を通していなかったことにちょっとびっくりしました。

その雑誌広告には、このようなことが書かれていました。

「男の一生」を決める手術だから、安心と信頼の上野クリニックで!

それによると、上野クリニックは包茎治療を手掛けている形成外科クリニックで、開院以来年間10万人の患者を受付,診察には年に1万人以上の
患者さんが訪れているのだとか。

上野クリニックか。
直観的に茎太郎は、このクリニックで治療を受けたいと思いました。

年間1万人以上の患者が訪れるって、これは尋常な数字ではありません。
それにしてもこんなにも包茎で困っている人が全国にはいるのか。

そしてこの病院(クリニック)はこんなにも多くの包茎の人に対して包茎手術を施しているのか。

上野クリニックしかない。
というより、もとよりインターネットもない時代です。
上野クリニック以外を茎太郎は知りませんでした。
でも、尋常じゃない数の手術実績があるその道のプロ集団ってことだけはわかります。

手術料金の確認はする必要があるけど、どうせやるならその道のプロ集団に手術してもらいたいな。

茎太郎の決意は固まりました。
よし、この病院で包茎手術を受けよう!

えっと上野クリニックってどこにあるんだろう。秋田駅の近くかな?

そのクリニック広告に載っている「クリニック所在地」に目を通します。

「東京」「上野」「新宿」「横浜」「千葉」「大宮」「名古屋」「大阪」「福岡」

・・・

あれっ、秋田がない。

そう上野クリニックは秋田に店舗を持っていないようでした。

そして自分の意思だけで手術を受けることができるのは、
二十歳になってからであって、20歳未満の場合は、親の同意書が必要であるとも書かれていました。

茎太郎はまだ17歳。自分の意志だけで手術を受けることはできなそうです。
それに秋田県内には上野クリニックがないって事実もわかりました。

保険診療だろうが、一般病院の泌尿器科では手術したくなかった

のちに茎太郎は包茎手術はクリニックだけではなく、
一般病院の泌尿器科・皮膚科でも手術を受けることができるらしいという情報を仕入れました。

病院の泌尿器科・皮膚科で包茎手術を受ける場合、
真性包茎手術に限り保険診療の適用が認められるとのこと。

ただ一般病院の皮膚科も泌尿器科も包茎手術の占める割合はごくわずかです。

美容外科系の包茎クリニックのように
包茎手術ばかりを施術しているわけではないし
手術後の傷あとの見た目の自然さににもこだわってはくれません。

一般病院で保険診療で包茎手術を受けたことにより、
手術の傷跡が酷くケロイド状に目立ってしまったって声も数多く寄せられているようでした。

そりゃそうだよね。
見た目にこだわる美容外科じゃないんだし、
病院の皮膚科なんてそもそも包茎手術がメインで設置されたとこじゃないでしょ。

保険診療の手術なのに、手術後の見た目にもこだわって手術しろってのは酷な話じゃないでしょうか。

そりゃ茎太郎だって手術費用が安くなるに越したことはありません。

でも包茎手術は、一生に一度の大事なところの手術です。
見た目にこだわってくれない一般病院で手術を受けるのは、保険診療で幾分安くなるとしてもまっぴらごめんでした。

そんなわけで茎太郎は、秋田県内の一般病院やよくわからないクリニックで今すぐ手術するのではなく、20歳になってから東京の上野クリニックで手術を受けようと心に決めたのでした

3年後か。長いけどそれまでは部活がんばろっと。

茎太郎はそう心に誓いました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ