コンプレックスや劣等感のたった一つの克服法

コンプレックスや劣等感のたった一つの克服法

コンプレックスや劣等感のたった一つの克服法

コンプレックスや劣等感のたった一つの克服法厳密に言うと、「コンプレックス」と「劣等感」という言葉は、微妙に異なるみたいなのですが、ざっくり言うと、周りに対して自分自身が引け目を感じる様を言います。

人は自身の良い点よりも欠点に目が行きやすいと言いますが、まさにその通りで、自分が他人よりも劣っているなと感じる点があると、残念なことに卑屈になって暗くなったり、テンションが低くなったり、誰かを妬んだりするんですよね。

コンプレックスを感じやすいものとして、典型的なものに「自分の容姿(見た目)」や「社会的地位(学歴や収入や地位)」がありますよね。

確かに背が低いことを気にしている人は、背が高い人へコンプレックスを持つことが多いと思いますし、高卒であることを後悔している人は、有名な大学を卒業している人に対して、劣等感を持っているケースも多いでしょう。

年収が250万の人は、同い年で年収1000万以上の人に対して劣等感を持つ場合があるでしょうし、仮性包茎の男性は、ズル剥けの友達にコンプレックスを感じるものでしょう。

「ないものねだり」といったところでしょうか。

綺麗ごとは言いたくないので、率直に言いますが、コンプレックスや劣等感は少なければ少ないに越したことはありません。

なぜなら、劣等感が少ない人生の方が断然楽しいからです。

そんなわけでこのページでは、茎太郎が考えるコンプレックスや劣等感を克服するためのたった一つの対処法について書いてみたいと思います。

コンプレックスは無くせるものだけ対処する

コンプレックスとの上手な向き合い方、つまり克服法ですが、おそらくたった一つしかないと思っています。

それは、コンプレックスの中でも、克服できるモノは克服し、物理的に無理なものは諦めて割り切って付き合う!という対処法です。

完璧な人間なんていませんから、コンプレックスが多少存在するのは仕方ありません。

ですが、努力することでなくせるのであれば、コンプレックスなんてないにこしたことはないですよね。

つまり、努力したり、お金をかけることで解消できるコンプレックスに関しては、どんどん潰していく方が、優越感をもてる要素が多くなるので、生きていて楽しいことがどんどん増えていくということです。

  • 太っていることがコンプレックス → ダイエットして痩せる
  • 安月給がコンプレックス → 仕事頑張って給料がいい会社に転職
  • 仮性包茎がコンプレックス → 包茎手術などで包茎を治す
  • 低学歴がコンプレックス → 高学歴の人よりも出世する

こんな感じで、解消できるコンプレックスはどんどん無くしていくことで、性格も今よりももっとポジティブで明るいものになっていくと思うんです。

逆に「身長が低い」といったような、物理的に解消するのが難しいコンプレックスは、いつまでも引きずらずに、うまく付き合っていくしかないのかなと思います。

その分、その他の解決可能なコンプレックスを解消することで、自分の欠点、弱点をカバーしていくのが、トータルで考えると魅力的な男性に近づく最短ルートなのではないかなと感じています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ