包茎で一番悲惨なのは?

包茎で一番悲惨なのは?

包茎で一番悲惨なのは?

包茎で一番悲惨なのは?真性?仮性?カントン?包茎にはいろいろな種類があり、そのほとんどが

  • 真性包茎
  • カントン包茎
  • 仮性包茎

の3つのいずれかに分類されます。

ただ実際のところ、これらの包茎の中で最も悲惨なものはどの包茎なのでしょうか?

茎太郎の個人的な見解を書いてみたいと思います。

仮性包茎は包茎の中では一番マシ

まず、一番悲惨でない包茎は、「仮性包茎」になると思います。

仮性包茎とは、手で包皮を剥くことをしなければ、亀頭を露出させることができない状態のペニスのことになります。

勃起の有無にかかわらず、自分で包皮を剥かない状態で亀頭(チンコの先端)が全て見えてないのであれば、それは全て仮性包茎です。

軽度のモノまで含めると、日本人の半分近くが仮性包茎だと言われています。

仮性包茎にも余っている皮の長さによって状態は様々ですが、手で剥かないと亀頭に皮がかぶっている以上、皮の内部に

  • オシッコ(尿)の残留物
  • 性行為やオナニー時にペニスに付着した精子の残骸
  • ゴミや雑菌
  • 抜け落ちた陰毛
  • 場合によっては性病菌

などを閉じ込めてしまいます。

このような恥垢が溜まっても、仮性包茎の人であれば、自分で皮を剥いて亀頭に付着した恥垢を洗い流すことが可能になります。

一方の真性包茎だと、皮を剥いて亀頭を外に出すことができないので、恥垢が溜まりっぱなしになります。

そうしたわけで、男性器を清潔に保つことができるという意味でも、包茎の中では仮性包茎が一番マシということになるでしょう。

真性包茎はリスクは高いがオナニーは可能

仮性包茎の次にマシな包茎を挙げるとすると、おそらく真性包茎になると思っています。

確かに、真性包茎のペニスは非衛生なのは言うまでもありませんし、パートナーの女性がいるのであれば、性行為に関していうと、相手に対しても迷惑をかけてしまう可能性は高いです。

ですが、唯一の救いとして、真性包茎はオナニーをするのに支障はそれほどありません。

痛くてオナニーすら出来ないカントン包茎

茎太郎的に、包茎の中でももっとも悲惨なものは、カントン包茎だと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ