ニューハーフで包茎の人って少ないの? | 包茎手術体験記
ニューハーフで包茎の人って少ないの?

ニューハーフで包茎の人って少ないの?

ニューハーフで包茎の人って少ないの?

ニューハーフで包茎の人って少ないの?ニューハーフって包茎の人少ないって本当?」って昔聞かれたことがありました、、

たしか小さなスナックに以前通っていた時だったと思います。何かの話の流れで店のママから聞かれました。

そのスナック、どうやらニューハーフの人が多く訪れるそうで、その人たちから聞いた情報だったみたいなのですが、、ただニューハーフの人の包茎の割合なんて、そんなこと茎太郎に聞かれても全くわかりません、、

はじめて聞いた話だったので、「そうなんですか? ちょっとわからないですけど、、」ってその当時は答えたと思います。

でも実際のところどうなんでしょうね。ニューハーフだと包茎じゃない人の割合って多いんでしょうか?

ニューハーフとは?

ニューハーフとは、身体的な特徴は男だが、自分自身の性を女性として認識している人のことだそうです。性の自己意識が女性なので、「Male to Female」 → MtF(エムティーエフ)とも呼ばれているようです。

ちなみに、よく「ゲイ」や「ホモ」や「おねえ」や「おかま」や「男性同性愛者」などと混同する人も多いと思いますが、それぞれ「身体的な特徴」と「自分自身の性に対する認識」の組み合わせなどの違いによって呼称が変わってくるみたいです。

またニューハーフの人が全員が、性同一性障害、GID当事者、トランスジェンダーというわけでもないそうです。

茎太郎はニューハーフについての専門家ではないので、詳しくはわからないのですが(汗)ざっくりいうと、そういう意味になるようです。

が、ここで強調したいのは、ニューハーフの人も身体的には私たちと全く同じ男性だということです。

ニューハーフと包茎の因果関係

つまり、身体的に僕らと同じく男として生まれてきているということは、ふつうに考えて、元々の包茎の割合がニューハーフだから少ないってことは考えにくいと思います。

ここからは茎太郎個人の推測ですが、もし本当にニューハーフの人の包茎の割合が少ないという事実があるのであれば、包茎手術や包茎矯正治療などで、包茎を治した人が多いということなのではないかと思います。

ニューハーフの人は、心は女性だということを考えると、僕ら心が男の人よりも、見た目の美しさへのこだわりははるかに高いのではないでしょうか。

また、

こうしたニューハーフの人の包茎の割合などは調べようがないため、あくまでも仮定上の話であり、茎太郎自身の個人的な感想とはなってしまうのですが、
ニューハーフ人と僕らを比べて、もしも包茎の割合に多い少ないの違いがあるのだとしたら、そうした美意識へのこだわりや性感染症に対する意識の高さが少なからず影響しているのではないか?と、茎太郎自身は考えています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ