水泳の着替えで包茎ばれるのを防ぐ方法 | 包茎手術体験記
水泳の着替えで包茎ばれるのを防ぐ方法

水泳の着替えで包茎ばれるのを防ぐ方法

水泳の着替えで包茎ばれるのを防ぐ方法

水泳の着替えで包茎ばれるのを防ぐ方法包茎の人にとって、水泳は楽しくもあり、恐怖でもあるイベントですよね。

  • 男女数人で市民プールに遊びに行く
  • 小学校や中学校や高校の授業で水泳がある
  • 友達と海水浴に行って泳ぐ

いずれにしても、着替えの時に裸になる必要があるため、周りに包茎がばれちゃう可能性があるんですよね、、

精神年齢が低い未成年の友達に包茎がばれると、包茎であることをからかわれたり、いじられたりとメンドクサイことになる可能性が高いので出来れば避けたいところです。

水泳の際「包茎バレ」しないために注意すべきポイントは、下半身の裸を見られないように着替えることにつきます。

友達と一緒に更衣室、脱衣場で着替える場合、高い確率でお互いのチンコをチラ見します。

剥けてない包茎ペニスを少しでも見られる確率を低くするために、気を付けるべきポイントについて考えてみました。

水着に着替えるときのポイントはこの3つ!

包茎の人に限らず、オチンチンを他人に絶対に見られたくないのであれば、水着に着替えるときに次の3つのことに気を付けると良いと思います。

  1. あらかじめ家でズボンの下に水着を着てくる
    水着に着替えるときに、下半身を見られるリスクをゼロにできます。家で着替えてくるのが難しければ、更衣室に行く前にトイレに立ち寄って、ズボンの下に水着を仕込むと良いでしょう。
  2. バスタオルを腰の周りに巻いて着替える
    タオルは小さいので、出来ればバスタオルを持っていくのが確実です。タオルが落ちないように落ち着いてパンツと海パンをはき替えましょう。
  3. 壁側を向いて(周りにお尻を向けて)着替える
    お尻であれば見られても大きなダメージはないでしょう。ただし確実を期すために(斜めからチンコが見えないように)、必ずタオルは巻いた方が良いです。

水着に着替える時と、泳いだ後に私服(制服)に着替えるときの2回気を付けなければなりません。

ただし、これらの方法にしても万全の対策ではないです。

僕らがタオルを巻いて着替えていたとしても、タチの悪い男子(いじめっ子系の男子)は、タオルを奪ってチンコをのぞき込もうとするかもしれません。

一番確実なのは、包茎手術などで包茎を治療することですが、水泳系のイベントが差し迫っている時には、まずは上記の方法で包茎がばれないよう頑張ってしのいでください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ