有名人・芸能人だから包茎でも人気者 | 包茎手術体験記
有名人・芸能人だから包茎でも人気者

有名人・芸能人だから包茎でも人気者

有名人・芸能人だから包茎でも人気者

包茎でも人気者なのは、魅力的な有名人・芸能人だから情報を配信しているブログやツイッターフェイスブック、あるいはラジオやテレビなどの公の大衆メディアで、人気の高い有名人、芸能人が自らを包茎だと公言しているケースを多数目にします。

茎太郎が知っているだけでも、それなりの人数の著名人・俳優の男優さんが自らが包茎であることや、包茎手術を受けたことを公言しているので、ここで具体的な名前を出すのは差し控えたいと思います。

ただ茎太郎の個人的な感想ですが、こうした自らが包茎だという(もしくはだったという)カミングアウト、ぶっちゃけトークはとても心地よく思います。

包茎というテーマは、どちらかというと、軽いテーマではないですし、触れてはいけない何かタブーのような重いテーマのように感じる人も多い気がします。

だから茎太郎も、自分が包茎だったころは、コソコソ隠していたわけですが。

でも、こうした影響力のある、人気者である芸能人、俳優さんが自らの包茎話を楽しくおかしく明るく話してくれることで、多くの包茎の男性が心を救われていると思います。

茎太郎が未成年だったころ、自分ひとりで抱え込んでクヨクヨ悩んでいましたが、こうした時代にもし、そうした影響力のある著名人によるカミングアウトがあれば、本当に心強かったと思います。

悩みの話を自虐的なネタにする度量の深さが人気者たる所以

ただ、彼らが変わらず人気があるのは、包茎だからって理由ではないことはわかっておいた方がいいと思います。

みんながひた隠しにする包茎であることを、あえて明るくカミングアウトする

こういった、本来あまり公にしたくないような悩みの話を、朗らかで自虐的なネタを笑いにつなげる、彼らタレント、スポーツ選手、歌手、アーティストの人間的な魅力の高さが変わらない人気の高さを誇っているということです。

特に真性包茎、カントン包茎は、性感染症にかかりやすくなったり、ペニス、性器を損傷するといった、健康を損なうリスクを高めるといわれています。

包茎の話を、タブーにしない風潮はとても良い傾向だと思いますが、自分にとって包茎を治療することが望ましいと考えるのであれば、どのような手段で包茎を治していけばいいかを真剣に検討する必要があると思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ