おちんちんが小さいのは気にするべき? | 包茎手術体験記
おちんちんが小さいのは気にするべき?

おちんちんが小さいのは気にするべき?

おちんちんが小さいのは気にするべき?

小学校の高学年ぐらいにもなると、自分のおちんちんのサイズが気になってくる男の子が増えてくると思います。

最大の関門は、小学校6年生になると必ずある修学旅行かもしれません。

茎太郎が小学生のころ、同じクラスに山之内君という肥満気味の男の子がいたのですが、お腹の肉にチンコが埋まってしまっていて、「タケノコの里」ぐらいのモノを修学旅行の大浴場でみんなにからかわれていたのを覚えています。

「山之内のちんこ、ちっちぇ~!デブの埋没チンコかよ」

言われた山之内君がとてもしょんぼりした顔をしていたのを今でも覚えています。

子供って残酷ですよね。
とくに集団になると恐ろしいものがあります。
悪気はないんでしょうが。

この例を出すまでもなく、小学校高学年にもなったら、おちんちんが小さいことはかなりのコンプレッククスになることは間違いありません。

自分のおちんちんがなぜ小さいのかを知ることが大事

おちんちんが小さいよりも大きい方がいいことに異論がある人はいないでしょう。

子供の頃であれば、友達に見られる時に必死でタオルで隠してその場をしのげばいいのでしょうが、大人になってからはそんなわけにもいきません。

オチンチンが長くて亀頭のカリが大きい方がかっこいいし女性ウケもいいですからね。

そんなわけで、おちんちんが小さい人は少しでもおちんちんを大きくする方法を考えるのが良いでしょう。

まず一番大事なことは、自分のおちんちんがなぜ小さいのかを知ることだと思っています。

・太っているから埋没してしまってチンコが小さいのか
・包茎で長い間、チンコの皮をかぶりっぱなしだから小さいのか

太っているのが原因でチンコが小さいのであれば、痩せることでチンコが大きくなるかもしれません。

また、包茎が原因でチンコが小さく先細り状態になってしまった人は、早めに包茎手術をして包茎を治すのが良いでしょう。

このように、なにが原因でおちんちんが小さいのかを知ることで、今よりもおちんちんを大きくすることは可能なのです。

おちんちんが小さいからと絶望的になっている男性は、諦めないでどうやれば自分のオチンチンをより大きくすることができるのかを追及してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ