精液を無理やり飲ませるのは辞めよう! | 包茎手術体験記
精液を無理やり飲ませるのは辞めよう!

精液を無理やり飲ませるのは辞めよう!

精液を無理やり飲ませるのは辞めよう!

精液を無理やり飲ませるのは辞めよう!セックスの時、フェラチオしてもらったまま、女性の口の中に射精して、そのまま飲んでもらうことを「口内射精」といいます。

通称ごっくんですね。

はっきり言って、精液(ザーメン)は生臭いですしドロドロしていて決して美味しいものではありません。

茎太郎は男なので飲んだことはありませんが、、まずいって感想を持つ女性が多いようです。

にもかかわらず、なぜ女性は精液を飲んでくれるかというと、愛情表現の一種であると言われています。

「あなたの精液だから、あまりおいしくないけど飲んであげる」

というわけです。

そのため、嫌がる女性に対して精液を無理やり飲ませるのは絶対に辞めましょう。

無理やり精液を飲ませたことが原因でで別れたカップルも少なからずいるようです。

包茎のペニスのフェラチオは拷問レベル

さすがにいないと思いますが、包茎なのにフェラチオを女性に強要するのは絶対に辞めましょう。

特に真性包茎の場合、包皮の中に溜まっている、尿カス、雑菌、恥垢、抜けた陰毛、精子の残留物などのチンカスを洗い流すすべがありません。

そんな状態のチンコをパートナーの女性に口でくわえてもらい、射精と同時にそれらのチンカスを飲ませるというのは、相手が心を許している彼女や奥様であっても、決して気分の良いものではありません。

また風俗で働く女性の多くが、包茎の男性に対しての性的なサービスをすることに大きな抵抗があると感じているそうです。

仮性包茎の場合も、通常時皮がカブっていることに変わりはないため、フェラチオしてもらうのであれば、最低限毎回事前に必ずシャワーで恥垢を念入りに洗い流してからにしましょう。

恥垢が溜まった状態の包茎ペニスを口にくわえてもらうことは、シャワーを数日間浴びていない状態の女性の女性器をクンニするよりも、はるかに大きな苦痛を相手に与えてしまうということを認識しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ