亀頭を大きくする亀頭増大術って必要? | 包茎手術体験記
亀頭を大きくする亀頭増大術って必要?

亀頭を大きくする亀頭増大術って必要?

亀頭を大きくする亀頭増大術って必要?

亀頭を大きくする亀頭増大術って本当に必要?亀頭を増大する手術があります。
先細り改善術とも呼ばれています。
亀頭周辺にまんべんなくヒアルロン酸を注入します。

いろいろなクリニックが施術メニューにこの亀頭増大手術を用意しているのは、亀頭を大きくしたいというニーズがあるからでしょうが、ここで亀頭を大きくすることのメリットについて考えてみたいと思います。

一般的に言われている亀頭増大術のメリット

まず、亀頭を大きくすると単純に見栄えが良いから男性の自信につながるということがあげられます。
確かにカリが大きいほうがかっこいいですが、そのために高額な手術費用を払うかどうかを考えると、茎太郎自身は少し「?」がつくかもしれません。
少なくとも包茎で悩んだことと比べると、亀頭の大きさというのは、私にとっては比較できないほど小さなコンプレックスです。

次にメリットとしてあげられることとして、パートナーが喜ぶ、満足するといわれています。
これは、女性は陰茎部分とそれほど太さが変わらない先細りした亀頭を膣に挿入されるよりも、カリの部分が大きく、亀頭と陰茎よりも大きく太いペニスを入れられたほうが気持ちがいいといわれていることが背景にあります。

ただそういう意見があるということは知っていますが、
私は女性でないので、亀頭が大きいほうが女の子が気持ち良いかどうかはわかりません、、(汗)

また亀頭増大術を施術することで、性感が増すだとか早漏を改善するともいわれています。

茎太郎的には、これらの理由で高いお金を払って亀頭を大きくしたいとはあまり思いません。

亀頭増大術は軽度の仮性包茎の人の選択肢の一つ

ただし、このメリットについては納得がいきます。
それは、亀頭が大きいと、包皮が亀頭のカリの部分でとまりやすくなるので、仮性包茎が治りやすいというものです。

確かに、亀頭が小さくカリがほとんどない先細りしたペニスだと、包皮が亀頭の段差に引っかからず、亀頭に皮が被りやすくなると思います。

つまり包茎の状態ですね。

なので、そういう人のために亀頭増大術を施すことで、仮性包茎を治してしまおうということだと思います。

ただし、これは余分な包皮の長さがどのぐらいか、今の亀頭の大きさ太さがどのぐらいなのかということも影響があると思うので、専門のドクターに相談しながら話を進めていくいくのが良いと思います。

基本的には、軽度の仮性包茎の人のための施術だと思います。

包皮の切除と縫合によって、包茎を治すのか、亀頭増大手術を行うのか、それとも両者のあわせ技で対処していくのか。

当サイトでもご紹介している包茎クリニックで一度相談してみるのが良いと思います。

したがって、亀頭増大手術の必要性については、必要性のある人のみ、ドクターと相談の上、検討すれば良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ