仮性包茎って手術したほうがいいの? | 包茎手術体験記
仮性包茎って手術したほうがいいの?

仮性包茎って手術したほうがいいの?

仮性包茎って手術したほうがいいの?

仮性包茎を手術したほうがいいのかどうか。
悩んでいる人も結構多いんじゃないかって思います。

仮性包茎って手術すべきなんでしょうか。それとも手術しなくても良いのでしょうか。

でも仮性包茎って一日も早く手術すべきって話ききませんよね?

それには真性包茎やカントン包茎とは異なる仮性方形ならではの理由があるんです。

というのも、真性包茎やカントン包茎の場合、手術して治さないと健康上また性生活上支障がでるリスクが高まります

つまり手術以外の選択肢がないので悩む必要ないのですが、仮性包茎の場合手術しなくても日常生活上の大きな支障はあまりありません。

真性包茎の場合、亀頭と包皮の間に溜まった恥垢や雑菌を綺麗に洗い流すことができません。

包皮口が狭すぎて亀頭を露出することすら出来ないからです。

不潔な状態を放置することで、性感染症になりやすかったり、その結果重篤な病気になってしまったり、パートナーに移してしまったりする危険もあります。

カントン包茎にいたっては、包皮口の広さが勃起したペニスのサイズに耐え切れないため、締め付けられる痛くて性生活どころではありません。大切なオチンチンも腫れあがってしまいます。

つまり、真性包茎もカントン包茎も、亀頭を露出するために手術を決断するのが通常とるべきの選択肢だといわれています。

仮性包茎手術をするかどうかは、結局見た目が気になるかどうか

一方、仮性包茎は実生活にさほど大きな悪影響はあたえません。

手で剥くことは出来るので、多少めんどくさくても、亀頭を露出させ恥垢や雑菌を洗い流すことも出来ます。

なので仮性包茎を手術するかしないかの一番の判断基準は、

自分自身で自分の仮性包茎を見てどう感じるか

これにつきるような気がします。

・銭湯・温泉・スポーツジムのサウナのような、人前で下半身裸になるような頻度がどのぐらいあるか。
・そのような場所で自分の亀頭が皮を被っていてもそれほど気にならないか
・知人とそのような施設に行く頻度はどのぐらいか
・タオルで隠すとして、毎回ばれないレベルでしっかりとガードするのがめんどくさくないか。
・彼女や妻に対して、自分が仮性包茎であることが気にならないか

包茎手術を受けるまで、とにかくこのようなことをいちいち気にして、コソコソ隠しながら生きるのはめんどくさく窮屈なものだと私自身は感じていました。

このようなシチュエーションを一例としてあげましたが、
これらが特に気にならないという人であれば、仮性包茎を手術する必要はそんなにないんじゃないかって茎太郎個人としては思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ