仮性包茎の治し方 | 包茎手術体験記
仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方包茎で悩んでいる人の中で圧倒的に多いのが、仮性包茎で悩んでいる人でしょう。
もちろん、仮性包茎の人口が真性包茎やカントン包茎と比べて圧倒的に多いというのも理由の一つですが、仮性包茎って他の2つの包茎と比べ、悩みの種類が多いんです。
たとえば、

  • 何とか仮性包茎を自然に治せないか
  • 自然に治すのは年齢的に難しそうなので、仮性包茎を瞬間的にごまかす方法が知りたい
  • 仮性包茎って他人からどう思われるのだろうか
  • 仮性包茎手術を受けるか、受けないか

といった具合です。
確かに、真性包茎やカントン包茎の人たちの悩みといったら、

「どこのクリニックでどのタイミングで包茎手術を受けようか・・・」

って悩み以外にほとんどないと思うので、仮性包茎の人がいろんな悩みを同時に抱えていることが理解できます。

そこで、仮性包茎の治し方について年齢や時期がいつなのかを考えながら、書いてみたいと思います。

仮性包茎の自然治癒は成長期まで

何とか仮性包茎を自然に治せないだろうか・・・
という悩みはとても多いと思います。

それは当然といえば当然で、包茎じゃない人も子供のころはみな仮性包茎だったからです。
小さい子供の頃は仮性包茎で皮を被っていたペニスが、ペニスの成長と同時に、自力ではなく自然と剥けるようになって包茎を卒業する
といった過程を包茎じゃない人も皆通っています。

ですが、この自然と仮性包茎が治るのには残念ながらタイムリミットがあると考えておいてください。

具体的に言うと「ペニスの成長期といわれている第二次成長期」が終了するですね。

第二次成長期には、身長など身体の至る所が大きく成長しますが、男性器も同様に大きく成長し変化します。
男性器の成長でいうと、この第二次成長期には

  • 睾丸、睾丸(精巣)が発達する
  • 陰毛(おちんちんに生える毛、チン毛のこと)が生えてくる
  • 陰茎(おちんちんの棒・竿のこと)が長く太く成長する
  • 亀頭(おちんちんの先っちょのキノコ型のカリの部分)が大きく成長する

といった目に見える変化があらわれます。

もちろん個人差はありますが、男性の場合この第二次成長期は、だいたい小学校高学年の10歳頃から高校卒業時の18歳の間に始まりと終わりをむかえます。

ここで話を元に戻します。
仮性包茎は、皮が長く余り過ぎていて、手で剥かないと、皮が亀頭(一部または全体)に被さっておおわれている状態のことでした。

皮の長さは長くなることはあれど、自然と短くなることは考えられないので、通常時手で剥かなくても亀頭が出ている(露茎)状態にするためには、

  • 余分な長い皮がちょうど良くなるぐらいおちんちんの長さが成長する
  • 包皮が自然と亀頭のカリの部分で止まるぐらいに亀頭が大きく成長する

第二次成長期が終わるまでの間にこういった状態に成長している必要があります。

具体的には、仮性包茎であれば手で包皮を剥いて亀頭(ペニスの先っちょ)を露出させることはできるので、こまめに皮を剥くことで、亀頭や陰茎の成長が阻害される要因を取り除いてやることもペニス全体の成長にとっては良いことだと思います。

常時皮を被っている状態は、皮で亀頭が覆われることで圧迫されていることになるので、少しでもそういったマイナスの要因を取り除き成長を促すということです。
あとは、身体全体にも言えることですが栄養をしっかりととって、成長に必要な栄養分を十分に吸収し、睡眠時間も多く確保することも身体の成長を考えるととても大事なことだと思います。

いずれにしても、こうした成長期を終わってしまうと、ペニスの外見上の成長はほぼ終わってしまうようです。
ほとんどの男性が18歳までの間に第二次成長期を終えてしまうといわれていることからも、仮性包茎を自然に治すのであれば、それまでの間にペニスの成長によって自然と皮が剥けて亀頭が露出される状態になる必要があります。

中学生や高校生の男性で仮性包茎で悩んでいる人は、まだまだ自然に仮性包茎が治る可能性がある人もいると思います。

自然と仮性包茎が治ると良いですね!

皮を伸ばしてしまうようなマスターベーショーンはNG

先ほど、成長期限定の仮性包茎の自然な治し方についてお話ししました。
ただし、これはあくまでも「おちんちんの皮が伸びてしまわない場合」の話です。

もちろん、ペニスだけでなくおちんちんの皮も自然と長くなってしまうというのはしょうがない話です。
ですが、仮性包茎を治したいのであれば、おちんちんの皮が長く伸びてしまうのは、必要最低限に食い止めておいた方が良いです。

その典型的な悪例が、マスターベーショーン(オナニー)のやり方がまずかったばかりに、皮が伸びきってしまうケースです。
詳しくは、下こちらの「マスターベーショーンの正しいやり方」について書いた記事を参考にしてみてください。

簡単に言うと、皮を引っ張ってしまうようなマスターベーショーンを長い期間繰り返してしまうと、皮が伸びきってしまい、タダでさえ余り気味の仮性包茎のペニスの包皮の余剰分が、なおさら長く伸びきってしまうことになります。

もう少しで「いつも自然に剥けた状態」になりそうな成長期の男子中学生、高校生は特に、皮を不必要に伸ばしてしまう行為には十分注意するようにしてください。

成長が止まった大人になってからの選択肢

第二次成長期が終わってしまうことに伴い、男性器の成長が止まってしまうと、仮性包茎を自然に治すのは理論上絶望的になります。
余っている皮が自然と短くなることは考えにくいし、男性器や亀頭のの長さや大きさの成長がが望めない以上、そこに希望を持つことはできなくなるからです。

また「ペニスの皮に剥き癖をつける」ことで皮が戻りにくくなる場合があると耳にすることもありますが、剥き癖をつけても、そのうち皮が戻ってきてしまう場合は、仮性包茎が治ったとは到底言えないでしょう。

そうなると、仮性包茎の人がとるべき次の選択肢は、大きく分けると次の3つぐらいに集約されてくると思います。

  • 「仮性包茎のままでいい」と仮性包茎であることを気にしないことにする
  • 「仮性包茎の手術」をして治す
  • 人に見られるリスクのある時だけ何とかごまかす

最初の仮性包茎でないことを気にしないことにするというのは選択肢としてあり得ると思います。
仮性包茎は、真性包茎やカントン包茎と違って、放置することで「健康上」また「性生活上」重大な支障が出るわけではないからです。

確かに仮性包茎も通常時は亀頭が皮を被っている状態なので、尿や精液のカス、恥垢、抜けた陰毛の一部が皮とペニスの間に閉じ込められることで、臭いやすく不潔になりがちですが、こまめに皮を自分で剥いて、恥垢などを洗い流すことで、ペニスを清潔に保つことは可能です。

仮性包茎の一番の悩みの部分は、剥けたペニスではないという見た目のコンプレックスが大半を占めていると思うので、そこが気にならないのであれば、仮性包茎のままという選択肢も選択肢としてはあり得ると思います。

気を付けなければならないのは、選択肢の3つ目にある「人に見られるリスクのある時だけ何とかごまかす」という選択です。
たまに耳にするのが、

  • 接着剤で皮を一時的に固定して、友達と銭湯に行くときだけ剥けた状態をキープする
  • 知人に裸を見られる可能性のある時に限り、皮の余りを輪ゴムで押さえつけて剥けた状態をキープする
  • ペニスを怪我したとペニスの皮を絆創膏の粘着力で抑え、一時的に剥けた状態にしておく。

といったものですが、これらは危険なうえに、ばれると周りから笑いの格好のネタにされるので十分注意してください。

いずれにしても、ペニスの長さや大きさが成長期を終えるまでの間に、仮性包茎が治らなかった人が仮性包茎を確実に治すのは、手術して治す以外に選択肢はないのではないかと考えています。

仮性包茎手術は保険診療が適用されないため、全額自己負担での手術となってしまいますが、ABCクリニックであれば、キャンペーン期間中につき、WEB上から手術の3日前に予約することで、今なら税抜き3万円で手術を受けれるようです。

包茎手術の専門家である包茎クリニックで、皮を切除・縫合するタイプの本格的な仮性包茎手術が最安3万円から受けられるというのは、本当に他に類を見ないぐらいコストパフォーマンスに優れているので、まだ社会人前の学生さんなどのお金がない人にとっても、とてもありがたい存在だと思います。

ただキャンペーン期間が過ぎると、3万円で仮性包茎手術を受けることはできなくなるので注意してください。

ABCクリニックは包茎手術を専門に行っている包茎クリニックの中でも、手術実績数も多く信頼性の高いクリニックなので、とてもおすすめのクリニックの1つです。

ABCクリニックがどういう包茎クリニックなのか、下記のページにまとめてますので、仮性包茎手術を考えている人は、よかったらチェックしてみてください。

一生仮性包茎のままという選択肢はアリか?

最期に、「一生仮性包茎のままという選択肢はアリか?」について茎太郎の私見を書いてみたいと思います。

10代の成長期、男性は身体も男性器も大きな変化を遂げます。

そうした成長期の間に男性器が程よく成長し、自然に仮性包茎が治るのが最も望ましいことだとは思いますが、剥き癖対策もむなしく残念ながら仮性包茎のまま成人になってしまう男性もかなりの数いるでしょう。

そんな仮性包茎の男性のほとんどが、

  1. 仮性包茎を手術で治す
  2. 仮性包茎のままのこりの人生を過ごす

このどちらかを選択肢として選ぶことになるのではないでしょうか。

茎太郎の感想ですが、仮性包茎を手術して治すかどうかのポイントは、「自分の包茎ペニスの見た目が気になるのかどうか」だと思っています。

  • 銭湯やサウナなど、他人に下半身見られる場所には今後行くことはないから包茎のままでいい
  • 仕事が生きがいで彼女とか興味ないから、仮性包茎のままで問題ない
  • 包茎気にするような女とは付き合わないし、結婚もしないから必要ない

など、仮性包茎のままでも、何の不自由もないって人は無理に手術して仮性包茎治さなくてもいいんじゃないかなと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ