仮性包茎はどう思われているか | 包茎手術体験記
仮性包茎はどう思われているか

仮性包茎はどう思われているか

仮性包茎はどう思われているか

仮性包茎はどう思われているか仮性包茎であることをコンプレックスに感じている人は多いと思いますが、真性包茎やカントン包茎じゃないから、仮性なだけまだマシかなと思っている人も多いと思います。

たしかに、その通りでみなさんが思っている通り仮性包茎の人の人数は多いです。
高校生で仮性包茎で悩んでいる人がいるとしても、同じクラスの半分近くの男子は同じように仮性包茎で悩んでいると思います。

ですが、同世代の仮性包茎の男性の割合は月日の経過とともに減っていきます。なぜなら多くの仮性包茎の男性が、包茎クリニックで包茎手術を受けることで、同世代の仮性包茎の全体数が刻一刻と減って行くからです。

そのような背景を踏まえ、仮性包茎っていったいどう思われているのか、いろいろな立場の人の視点に立って考えてみたいと思います。

女性から見た場合

女性から見た場合の仮性包茎女性から見て一番嫌な気持ちになるのは、性器が不潔なことです。
不潔な性器とは、腐った卵やチーズのようなすえたクサい臭いがしたり、恥垢が亀頭にこびりついていたり、陰毛や小さな糸くずなどのゴミを包皮が巻き込んでいたり、オシッコや精液で包皮の先っちょがいつも湿ったような状態のおちんちんのことをいいますが、これは仮性包茎の人であっても例外ではありません。

ただし、仮性包茎の人はカントン包茎や真性包茎の人と違って、皮を手で剥いて亀頭を外に露出させることができます。
つまり、自力で清潔な状態に保つことはできますので、こまめに亀頭についた不純物をお湯で洗い流し、最低限チンコをきれいな状態に保つように心がけることが大事になってきます。

仮性包茎の見た目については、女性よりも仮性包茎である当人の方が気にしている傾向があるようですが、これは女性それぞれに個人差もあると思うので一概にこうであるとは言えません。

女性に対しては、最低限のエチケットとして、ペニスを清潔に保つことが一番大事だと思います。

仮性包茎の人は他人の仮性包茎をどう思うか

仮性包茎の人自身は、他人の仮性包茎の人をどう思っているのでしょうか。

茎太郎が推測するに、これは立場によって大きく2つの視点があると思います。

それは、仮性包茎を手術して治したいと考えている人と、仮性包茎のままでいいと思っている人の2通りの視点です。

まず、仮性包茎を手術して治したいと考えている人は、他人の仮性包茎のことはあまり気になりません。

気になるのは、自分の仮性包茎の状態と、どの包茎クリニックで仮性包茎手術をするのが望ましいのかぐらいだと思います。

常に将来を見据えているので、自分の決めた包茎クリニックで仮性包茎を治療手術することで、包茎手術したこと自体、仮性包茎だったこと自体が過去の出来事になります。

一方の、仮性包茎のままでいいと思っている人は、男性のどれぐらいの割合が仮性包茎なのか、こうした割合をとても気にします。

手術せずに、仮性包茎のままでいいと思っているので、仮性包茎の割合が多い方が心強いって側面もあると思います。

ですが、同世代の仮性包茎の人数や割合は、月日の経過とともに当然どんどん少なくなります。

包茎手術を受けて、仮性包茎でなくなる人が増えていくからです。

同じ仮性包茎の人の割合が減ってくることに対して、また仮性包茎手術する人が増えることに対して、不安な気持ちになる人がいるというのは心情的には理解できます。

ですが、そんなことは気にしなくていいんじゃないかと茎太郎的には思います。

それぞれの選択した結果ですから、自分の選択した結果は間違っていないと、自分に言い聞かせて周りの人がどうなのかについては、気にしなくていいんじゃないかと思います。

包茎じゃない人がどう思っているか

包茎じゃない人は、仮性包茎の人を見てどう思っているかですが、たぶんほとんどの人が何も思っていないと思います。それは僕もそうです。

人間は、自分がコンプレックスに感じていることに関しては、他人の目が気になったり、他人の状態が気になりますが、自分が気にしていない、コンプレックスに思っていないことに関しては、とことん無関心だからです。

仮性包茎の人を見て、何かを感じたとしても、もうお互いにいい年した大人ですので、それ以上どうなるものでもありません。

ただ、残念なことに未成年、少年期に関しては、からかわれたり、苛められたりネタにされたりすることもあると聞いたことはあります。

未成年のうちは、精神年齢が子供過ぎることもあって、悪気はなく、人の傷つく言葉を言ったりします。

なので、仮性包茎であることは、できることならば、未成年(中学生、高校生)のうちは、周りに隠しておいた方が安心かと思います。

社会人になったら、そんなことわざわざ言ってくる人はあまりいないと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ