割礼のメリット | 包茎手術体験記
割礼のメリットとは?

割礼のメリットとは?

割礼のメリット

割礼は余ったペニスの皮を切除することです。読み仮名は、かつれい(カツレイ)になります。

割礼のメリット宗教的な意味合いが強いですが、宗教上の行為にかかわらず、広い意味合いだと一般的な包茎手術も割礼に含まれます。

確かに日本ではあまり、割礼という言葉は聞かないですよね。包茎手術という言葉で一般的広く知られています。

割礼することによる副次的なメリットですが、エイズ(HIV)や性感染症,STD(Sexually Transmitted Disease)に感染するリスクを減らす効果があるといわれています。

ちょっと難しい話になってしまいますが、、割礼されていない包皮の部分には、「CD4陽性T細胞」や「ランゲルハンス細胞」という細胞が多く存在しており、それがHIVの対象となるそうなのですが、それを割礼で取り除くことでHIVに感染するリスクを減らすことができるのだそうです。

ちょっとどころか、かなり専門的で難しいので、結論だけまとめると、割礼することで、HIVに感染するリスクが減るということのようです。

実際に、割礼を受けている男性の方が、包茎の男性よりもエイズ発症率が大幅に低いというアフリカでの研究結果によって裏付けもされているそうです。

日本では、割礼というよりも包茎手術という言葉の方が浸透しているため、言葉を置き換えますが、つまり包茎手術をすることで、HIV感染のリスクが減るっていうことが、研究結果によって裏付けられているということです。

特に亀頭を露出できない、真性包茎、露出させることで支障が出るカントン包茎は、自分の身を守るためにも、早めに包茎治療について早めの対策をとっておいたほうが良いと茎太郎は思っています。

割礼は性感染症のリスクも軽減する

またその他性感染症に感染するリスクについても、真性包茎状態で、割礼されてないペニスは、雑菌や恥垢を洗い流し清潔な状態に保つことが困難で不衛生な状態が続いてしまうことが原因で高くなるといわれています。

つまり、割礼していない包茎の人とそもそも常時ペニスの皮が剥けている包茎じゃない人が、風俗や合コンなどで不特定多数の人と性行為を持った場合、同じ条件のもとだとHIVやその他の性感染症に感染するリスクが高くなる危険があるということです。

性感染症には、A型肝炎、B型肝炎、急性ウイルス性肝炎(B型・C型)、アメーバ症、梅毒、淋菌感染症、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、梅毒、淋菌感染症など多種多様な種類があります。

これらの性感染症の中のどれが、包茎のままで割礼しないと感染リスクが高くなるのかは茎太郎は専門家ではないのでわかりません。

ですが、性感染症は恐ろしいので、少しでも感染するリスクを減らしていきたいところですよね。

以上のように、包茎なのに割礼しないのはデメリットが多すぎると思っています。

このように、HIV(エイズ)をはじめとした性感染症や陰茎癌のリスクを少しでも減らしたいという理由が、私が割礼、つまり包茎手術を決断した一番大きな理由です。
特に真性包茎の人やカントン包茎の人など、亀頭を完全に露出することが困難な人は、上記の理由により割礼手術を早めに検討することをお勧めします。

下記紹介している包茎クリニックでは無料のカウンセリングを行っているので、詳細は下記クリニックなど包茎手術専門のクリニックで確認してみるといいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ