包茎手術って失敗やリスクもあるの? | 包茎手術体験記
包茎手術って失敗やリスクもあるの?

包茎手術って失敗やリスクもあるの?

包茎手術って失敗やリスクもあるの?

包茎手術すべきかどうかの判断基準包茎手術も人間が行う手術である以上、失敗のリスクは全くのゼロではないと思います。

包茎手術で考えられるリスクや、手術における失敗ってどんなことが考えられるんだろう・・・

茎太郎も包茎手術を受ける前に、実はそのことが心配でした。

そこで、茎太郎自身が包茎手術を受けた際に

万が一失敗したときのリスクについてどのようなことを考えていたのか
なぜ最終的にほうけい手術するという選択肢を選んだのか

について当時考えていたことを思い返してみたいと思います。
もしもの場合、最悪のケースを考え、包茎手術するという決断に踏み出せていない人への参考になればいいなと思います。

包茎手術で考えられるリスクとは何か考える

私は包茎治療を受ける前
そもそも包茎手術とはどんな手術なのか
ってことについて考えていました。

包茎手術は、長くて余っているペニスの包皮を切り取って、ペニスの陰茎に縫い合わせるという手術です。

開腹して内臓の一部患部を摘出するような難しい手術ではありません。

連続ドラマでドクター系のドラマをたまにやってますが、緊迫シーンの描写で、たとえば腸の腫瘍を想像以上に切除しすぎたので、出血多量で現場が騒然とするシーンとかがあります。

・・・たとえば、包茎手術中に何かの手違いで、こんな緊迫したシーンに遭遇することがあると思いますか??

改めて言います。
ほうけい手術は、余った長い皮のみをちょうどいい長さに切除し、固定するために陰茎に縫合する手術です。
薄皮を切って、縫うだけの手術ですね。
つまり、ホウケイ手術で考えられるリスクって、
手術跡の仕上がり具合が期待通りにならなかった
ってレベルなんじゃないかなって思ったんです。

見た目の主観なんて、人それぞれなので、期待値が高い人は、一般的には文句なく成功してる手術であっても失敗だというんだろうな
と茎太郎自身は思いました。

包茎手術はあくまでも包茎手術です。
仕上がり、手術の完成度の高さは相対的な問題なので、できる限り自然に仕上げてくれる、実績のあるクリニックにお願いしよう!

こう考えるのが、当たり前なんじゃないかと、茎太郎自身当時から思っていました。

仕上がり以外に考えられる包茎手術の失敗を茎太郎自身、聞いたことがないし、思いつかないので、今回は見た目の仕上がりについて考えてみたいと思います。

各クリニックの手術内容を見ると、その他手術の箇所に「修正再手術」って項目があります。

これって、他院で手術した包茎手術をやり直す手術なんですが、
要するに手術の仕上がりなどに不満があって、他院で改めて包茎手術しなおすってことです。

つまり、仕上がりの出来が悪いことがリスクなのであれば、
仕上がりに自信のある、つまりこれまでの包茎手術実績数の多い、
信頼できる包茎クリニックを、手術を受けるクリニックとして最初から選ぶことが
一番包茎手術の失敗のリスクを低くすることができる
んじゃないかって思っていました。

手術当時のその判断は今振り返ると正しかったって思ってます。

包茎手術は実績があり信頼できるクリニックで

結局包茎手術をする際のリスクを最大限少なくしたい場合、
包茎手術のプロである実績のあるクリニックに手術をお願いするのが一番安心だと思います。

包茎手術は一生に一度のとても大事な手術です。

包茎クリニックは、事前に無料カウンセリングを用意しているところが大半ですので、
手術をする前にカウンセリングで自分自身の不安な点を全て相談し、十分納得してから手術を決断するのが良いと思います。

茎太郎自身は、はじめのカウンセリングを受けたクリニックで当日手術を受けましたが、
複数クリニックの無料カウンセリングを受けた後、一番信頼できるクリニックで手術するのが一番安心かもしれません。

当サイトでも、おすすめの包茎クリニックを紹介していますので、よかったらチェックしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ