包茎手術のデメリット | 包茎手術体験記
包茎手術のデメリット

包茎手術のデメリット

包茎手術のデメリット

包茎手術のデメリット毎年多くの人が包茎手術を受けていますが、包茎で悩んでいる人の全員が必ずしも包茎手術を受けているわけではありません。

とある有名な包茎クリニックが以前公式サイト上に公表していたデータによると、包茎手術している人の割合は、全包茎人口の7割にものぼるとのことでした。

この数値がどの程度の信憑性を持っているかは、茎太郎にはわかりませんが、逆にいうと包茎の人の3割は手術していないつまり包茎のまま一生を終えているということになります。

包茎手術を受けないと判断した人は、包茎手術はいいことばかりではなくデメリットもあると考えているからだと思います。

包茎手術のデメリットを知って、ああデメリットって結構大きいんだなぁと感じた人は、手術しない(あるいは手術するか否かを悩み続ける)のでしょうし、デメリットなんてほとんどないじゃん!と思った人は手術をするのでしょう。

茎太郎は真性包茎だったので、何の躊躇なく20才になると同時に包茎手術しましたが、仮性包茎の人はほうけい手術のデメリットを知った後でどうするか判断すると良いと思います。

ほうけい手術で考えられるデメリット

≪痛みを我慢する必要がある≫

包茎手術は、基本的に余った皮を切る手術です。
ペニスの余り気味の皮を切った後、陰茎に糸で縫合し固定する手術なので、全くの無痛手術と言うわけにはいきません。

確かに手術時にする麻酔の精度もかなり高くなってきているので、手術中それほど目立った痛みを感じることはありません。
盲腸手術など身体にメスを入れたことがある人はわかると思いますが、麻酔の効果で手術自体は大した痛みも感じず、あっという間に終わるという感じです。

しかし術後に麻酔が切れてくると、少しずつズキズキとした痛みが出てきますので、その際は処方された痛み止めを飲むことになります。数日間で傷口の痛みは少しずつなくなっていきます。

結論から言うと、包茎手術はそれなりに痛みを伴う手術になります。
が、それは外科手術ならでは当然あり得る痛みの範疇であり、手術中の痛みは麻酔によりかなり抑えられます。

包茎を治したいと思う人であれば、これ位の痛みは許容できるのではないかと茎太郎は思います。

≪セックス、自慰行為を術後1ヶ月程我慢する必要がある≫

包茎手術で縫合した手術箇所が自然と固定されるまで、1ヶ月程度、性交、オナニー、マスターベーションが禁止されています。
手術後しばらくは、勃起してもつっぱった感じが残ったり、感度を感じる気持ちの余裕もなかなかないため、この期間は患部は安静にしておく必要があります。

今彼女やパートナーがいない人であれば、そのインターバルが包茎手術することの支障にならないと思いますが、お付き合いしている彼女がいる人や結婚されている人は、包茎治療する際の性交禁止期間がパートナーに対して不自然にならないように対処する必要が出てくるのもデメリットの一つと言えると思います。

すでに包茎であることがパートナーに知られている場合は、手術することを他の理由でごまかすのも不自然な話ですので、もし茎太郎が同じ立場であれば、自分の考えをストレートに伝え、理解してもらった上で手術に踏み切ると思います。

≪手術箇所の見た目は手術する病院のレベル次第≫

包茎手術は、余った皮を切除し最終的に皮を陰茎に縫合しますが、切除ラインをどのようにするか、また縫合位置をどのあたりにするかによって、手術箇所の見た目の自然さが違ってきます。

包皮の内板(内側)と外板(外側)は全く同じ色ではない(年月が経つと似通った色になってくるが)ため、例えば、亀頭から数センチも下の位置で縫合されると、色のコントラストが少し目立ってしまうというリスクが出てきます。

そういったリスクを最小限目立たなくさせるのが、包茎クリニックの腕の見せ所ということになります。

長年そして数多くの包茎手術の実績がある包茎クリニックは、適切な切除ラインや縫合位置のノウハウや技術を持っているため、術後の手術箇所を自然な仕上がりに近づけることが可能です。

逆に一般病院の泌尿器科で手術を行った場合、上記のような見た目のケアは考えてくれませんので、仕上がりに期待することは出来ません。
当サイトでご紹介しているような実績のある包茎クリニックで治療を受けることで、包茎手術の術後のをできる限り自然な仕上がりにもっていくことが大事だと思います。

以上が、考えられる包茎手術でのデメリットになると思いますが、大したデメリットでもリスクでもないと思う人がほとんどではないでしょうか。

痛みを最小限に抑えることや、術後の仕上がりを自然に仕上げる最大のポイントは、どの包茎クリニックで手術を受けるかということに帰結しますので、一生に一度の大切な手術を納得のいく包茎クリニックで受けられることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ