包茎手術の傷跡って残るの? | 包茎手術体験記
包茎手術の傷跡って残るの?

包茎手術の傷跡って残るの?

包茎手術の傷跡って残るの?

茎太郎もそうでしたが、包茎手術前っていろんな心配事があると思います。

・手術はどのぐらい痛いんだろうか
・手術に失敗したらどうしよう

・・・

中でも手術の傷跡についての心配は多くの人が手術前に感じていることだと思います。

・包皮部分と皮膚の部分のツートンカラーが目立ってしまったらどうしよう。
・縫合部がギザギザで見苦しかったらどうしよう。
・縫合部の縫糸の痕やデコボコ感、色素沈着が酷かったらどうしよう。

・・・
見た目の問題だけに、詳細な部分まで気になってしまいますよね。

私自身が包茎手術経験者ですので、自分自身のことをお話しするのが一番参考になるんじゃないかと思うので感じたままに書いてみようと思います。

手術するのだから、傷跡が全部消えてしまうことはない

包茎クリニックのホームページや包茎関連の情報サイト上などで

「○○クリニックで包茎手術すると傷跡が残りません」

って記載を目にすることがあるかもしれません。

でも考えてもみてください。

包茎手術するってことは、包皮を切除して陰茎に縫い合わせる手術を行うってことです。

縫合した傷跡が消えてなくなることってあるんでしょうか。

盲腸の手術など体にメスを入れたことがある人であればわかると思いますが、
普通に考えると、包茎手術だって傷跡が全くなくなるってことは考えられないと思います。

手術の傷跡を目立たなくするのが腕の良い包茎クリニック

じゃあ、傷跡がなくならないんだったら、どこで手術しても同じじゃないかというと全くそうではありません。

包茎手術の腕の見せ所は、手術跡をなくして消し去ることではなく、手術箇所だとわからないぐらいに目立たない仕上がりにすることだからです。

包茎クリニックは、手術跡を目立たなく美しい仕上がりにすることにこだわっています。

・包皮の切除ライン、縫合部の亀頭からの距離
・残す包皮の長さの見積もり
・縫合針や使用する糸への配慮

などをあらゆる美容形成技術を駆使して、手術を行うことで手術跡をより自然な状態に仕上げていくのです。

実際に茎太郎は包茎手術を受けてから10年以上になりますが、通常時勃起時ともに包茎手術の傷跡に気付かれたことは一度もありません。

それもそのはずで、勃起していない状態だと包皮の皺にまぎれて、どこが縫合部分か自分でもわからない状態です。

勃起した状態でも縫合箇所であろうと思われる部分にうっすら直線が円を描いてるのが確認できるぐらいで、これまた他人にばれて指摘されたことなどまったくありません。

腕の良い先生に手術してもらうと、それほどまでに自然な術後の仕上がりになるってことなので、包茎手術実績の豊富な技術力の高い美容外科系の包茎クリニックで手術することをおすすめしているわけです。

もう一度繰り返しますが、どんなに技術力の高いクリニックで包茎手術を受けても、包茎手術手術跡が消えてなくなるってことじゃないです。

手術する先生も魔法使いじゃないので、当たり前ですよね。

手術跡を自然な仕上がりにしてもらうために、腕の良いクリニックの先生に手術してもらうってことが大事になってくるんだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ