包茎手術を年齢別、年代別に見ると | 包茎手術体験記
包茎手術を年齢別、年代別に見ると

包茎手術を年齢別、年代別に見ると

包茎手術を年齢別、年代別に見ると

包茎手術する人って何歳ぐらいが多いのでしょうか。
10代、20代、30代、40代、50代・・・?

気になっている人もいると思うので、少し年齢別、年代別に見ていきましょう。

最も多い年代は20代、30代

包茎手術をする、もっとも多い年代は20代、30代のようです。
これはある程度予想がつくことではあります。

10代の包茎手術には、父親、母親などの親権者の同意が必要になります。
同意があれば手術を受けることはできますが、親に包茎手術をしたいと切り出せない男性も多いと思うので、10代に包茎手術を受ける人は20代、30代と比べるとそれほど多くはありません。

早く包茎を治したいけど、親の同意を得るのはめんどくさいし、成人になったら即効で手術を受けようってパターンが比較的に多いと考えられるので、自然と20代、30代での包茎手術が多くなるのだと思います。

20代、30代といった若いころは多感な時期ということもあって
包茎のおちんちんの見た目を気にした手術が多いことも関係していると思います。

そして、何事もそうですけど、若さというのは勢いがあります。

決断力、行動力、勢い。
そういったものは、年を重ねるごとに衰え落ち着いていくものだからです。

50代、60代、70代、80代になっても多数の男性が包茎手術を受ける理由

30代を過ぎ、40代、50代になっても包茎手術をする男性は数多くいます。

それどころか、60代、70代、80代の男性も多数、包茎治療を受けに来るようです。

その背景としては、

・入院や介護への備え
・老人性包茎

があるといわれています。

入院して手術をされたことがある人だとご存知の方もいると思いますが、
外科手術を受ける時は、下着をつけないで手術する場合が多いです。

衛生面など考えて当然の処置ですし、そんなこと気にしてる場合じゃないとは思いますが、
やはり長時間自分の裸を見られることは恥ずかしいものです。

看護師さん、女性の方が多いですからね。
せめて包茎のチンコだけは見られたくないって考える初老の男性が多くいても全く不思議ではありません。

歳を重ねれば重ねるほど、病気にもなりやすくなりますし、手術するほどの重病を患うリスクも年々増えてくると思います。

介護も場合も同様の理由です。

高齢になってくると、だれもが介護される立場となります。

もちろんヘルパーさんに体を洗ってもらったり、下の世話をしてもらうこともあるでしょう。

そんな時、包茎のおちんちんを見られたくないなって男性が60歳、70歳、80歳になって、包茎手術手術を受けに来ているそうです。

自分の最愛のパートナーは包茎であることを気にしなかったかもしれませんが、身内以外の人に見せるとなると、抵抗があるのはある意味当たり前の感情だと思います。

そんなわけで、包茎手術というのは、20代、30代が多いものの、年令、年代関係なく多くの男性が受けているというのが現状のようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ