泌尿器科で包茎手術の特徴評判と口コミ | 包茎手術体験記
泌尿器科で包茎手術の特徴評判と口コミ

泌尿器科で包茎手術の特徴評判と口コミ

泌尿器科で包茎手術の特徴評判と口コミ

病院の泌尿器科
一般病院の泌尿器科 全国各地にある病院の泌尿器科でも包茎手術は受けることができます。
特に真性包茎の場合保険診療で手術を受けることができるので、費用的なメリットはあるのですが、あくまでも泌尿器科なので、包茎手術の専門性は専門クリニックと比べ手術のクオリティーは低めです。
保険診療は、美容的な満足を得るために用意されているものではないので、当然ですね。
泌尿器科で手術するのであれば、手術後のきれいで自然な仕上がりを期待するのはあきらめましょう。
手術費用 年間手術件数 開業 店舗数 評価(5段階)
保険適用で総額2~3万円程度 手術実績は少な目 まちまち 日本全国多数 ★★☆☆☆1.5

泌尿器科での包茎手術は料金面でのメリットについて

病院の泌尿器科総合評価病院の泌尿器科で包茎手術は、メリットとデメリットがはっきりしてます。
メリットは、包茎手術の料金面のみです。

真性包茎と一部カントン包茎の場合になりますが、保険診療扱いになった場合出費額は自己負担分のみになります。

また当然、薬代やアフターケアに必要な費用はそれ以外にもかかってきますので、それほど大きなメリットでもないと感じています。

むしろ手術の仕上がりを考えた時、包茎手術のスペシャリストではない、美容外科的な観点のない泌尿器科で包茎手術を受けることの方が、デメリット面の方がはるかに大きいと思っています。

泌尿器科で包茎手術受けるのであれば、手術のクオリティを期待するのはやめましょう。

泌尿器科では包茎手術の全てが保険診療になるわけではない

また、保険診療扱いになるのは、背面切開術を用いた包茎手術の場合に限ります。

背面切開術とは、包茎手術の術式の一つで、包皮口を縦に切除することで、皮の入り口の狭さ(小ささ)を解消する手術になるのですが、包皮内板と外板を陰茎部で縫合しないため、手術後も仮性包茎状態のままとなります。

泌尿器科では、基本的に仮性包茎は包茎ではないというスタンスをとっているため、包茎ではない状態にしてやったということなのでしょうが、手術を受けたのに仮性包茎の状態にされ、私たち包茎患者が納得するはずもありません。

茎太郎も大学生の時に包茎手術をしましたが、泌尿器科は選択肢にすらありませんでした。

泌尿器科は包茎手術のみ行っているわけではない

病院で包茎手術を受けるのであれば、泌尿器科で手術することになります。

特に、真性包茎の場合保険診療で手術を受けることができるので、確かに出費は少なくて済みます。
ただ、包茎手術代以外の薬代や手術後のアフターケア代はまた別費用になりますので、それぐらいの出費は覚悟しておく必要があります。
諸経費全て含めて数万円といったところだと思います。

ただ、泌尿器科は包茎手術を専門に行っているところではありません。
泌尿器科とは、そもそも腎臓,尿管,膀胱,尿道といった泌尿器の病気を治療している病院内の科です。男性性器の睾丸,副睾丸,精管,精囊,前立腺の病気を全般的に対象としているので、その中で包茎手術が占める割合なんてわずかなものです。

つまり、包茎手術のプロフェッショナルな専門家ではないということです。

包茎手術は、余っている皮を切って、陰茎に縫い合わせるだけの手術ですが、患者の多くが一番望んでいることは傷痕を目立たなくさせることです。つまり美容外科的なノウハウ技術が必要とされています。

もちろん泌尿器科にそのような技術はありませんし、そもそも美容的側面は泌尿器科の果たすべき目的ではないので、期待すべき内容でもありません。

つまり、手術痕はどの様になっても気にしないから、1万円でもやすく包茎手術を受けたいって人以外は、泌尿器科での包茎手術は避け、包茎クリニックの方で手術をした方が良いと思います。

幸いなことに、現在は以前と比べ包茎クリニックでの手術の費用が全体的にかなり低くなってきている傾向があります。

真性包茎手術であっても、あの東京ノーストクリニックでも6万円から手術を受けることができますし、仮性包茎手術であれば、ABCクリニックで3万円から手術を受けることができます。

一生に一度のとても大事な包茎手術。
包茎手術するのであれば、茎太郎的には、泌尿器科で包茎手術する選択肢はちょっと考えられないですね。
包茎手術のプロ集団である、包茎クリニックで、そしてその中でも評判の良い包茎クリニックで手術するのが一番確実だと思います。

当サイトでも、おすすめの包茎クリニックをご紹介しているので、包茎治療を考えている人はよかったらチェックしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ