東京スカイクリニックが評判の良い理由【口コミから人気の秘訣を分析】

東京スカイクリニックが評判の良い理由【口コミから人気の秘訣を分析】

東京スカイクリニックが評判の良い理由【口コミから人気の秘訣を分析】

東京スカイクリニックが評判の良い理由東京スカイクリニックは知る人ぞ知る人気の包茎クリニックです。

CMや雑誌広告などを積極的に行っていないため、知名度こそそこまで高くありませんが、これまでの「豊富な包茎施術の実績」や「高度で丁寧な施術スタイル」から、最終的に東京スカイクリニックを選んだという人も多く見受けられます。

例えば、ABCクリニックが若い年代の人に高い人気を誇っているのに対し、東京スカイクリニックは20代から90代まであらゆる年代の男性に支持されているのも特徴的です。

そんな東京スカイクリニックの人気のポイントを、「包茎手術の特長」「施術料金」「良い口コミや悪い口コミの数々」を元に分析してみたいと思います。

包茎手術は全てハンドメイドでマイクロサージェリー

東京スカイクリニックの詳細です。

東京スカイクリニックでは、全ての包茎手術がハンドメイド(医師の手作業による)施術になります。

包皮の切除にクランプ(遮断鉗子)という器具を使わないため、きめ細やかな施術が可能。

その結果、切除ラインを自然に整えることが可能になります。

さらに、東京スカイクリニックでは、マイクロサージェリーといって、全ての包茎手術に対して手術用顕微鏡を用いた精度の高い施術が行われています。

顕微鏡を使うことで微細な施術が可能に

マイクロサージェリーは、主に事故や怪我などで損傷した部位や器官の再建手術に用いられるものです。

微細な施術が可能になることで、機能的にはもちろん包茎患者が望む術後イメージに近づけることも可能になるというメリットがあります。

つまり、東京スカイクリニックでは、他の包茎クリニックと比べても、質の高い包茎施術を期待できる(保険適用可能な泌尿器科とかはそもそも質が期待できないので論外)ということですね。

包茎手術費用は格安ではないが良心的

包茎手術の質の高さを期待できるとなると、次に気になるのが包茎手術費用ですね。

東京スカイクリニックの包茎手術料金をみてみましょう。

包茎種別 基本料金 コスパ 術式 備考
スタンダードカット 全て対象 90,000円 環状切開術 クランプではないハンドメイド施術
デザインカット 全て対象 98,000円 亀頭下部に近い位置で縫合 150,000円の施術が今だけ98,000円でお得
ハイパーカット 全て対象 250,000円 亀頭下に近い位置で縫合
ハイパーVカット 全て対象 400,000円 亀頭直下埋没術 やや割高か

その他、他院による包茎手術痕の修正(包茎再手術)も対応していて、200,000円~という料金設定になっています。

※全て消費税別の表記価格です。

縫合位置によって料金が違う

東京スカイクリニックの包茎手術は、「スタンダードカット」「デザインカット」「ハイパーカット」「ハイパーVカット」と4つのメニューが用意されています。

それぞれの違いは、縫合箇所と亀頭直下の近さ。

ハイパーVカットは、この中でも一番亀頭直下に近い位置(亀頭の根元)で縫合する施術で、一般的には亀頭直下埋没術などと呼ばれています。

ハイパーカット、デザインカット、スタンダードカットの順で少しずつ亀頭直下から離れていくという感じ。

ちなみに、スタンダードカットは、一般的に環状切開術と呼ばれている施術になります。

コスパ的にはデザインカットが一番おすすめ

亀頭直下埋没術、環状切開術は、それぞれメリット、デメリット(正確に言うと長所がそれぞれ異なる)があるので、好きな方を選べば良いと思いますが、個人的には「デザインカット」がおすすめですね。

デザインカットだと、亀頭下部に近い位置での施術となるため、環状切開術ほどざっくりとした施術ではないですし、包皮内板を全部取り除くわけではないので、ある程度内板を温存したいという方に対しても、要望を汲んだ施術内容になっているからです。

また「デザインカット」の手術費用は150,000円なのですが、現在一時的に98,000円に値下げしている(スタンダードカットと8000円しか変わらない)ため、コスパ的にも今一番おすすめな施術コースになります。
(※キャンペーン価格はいつ終了するかわかりませんので、必ず東京スカイクリニックの)

もちろん、大事な男性器の話ですので、あくまでも各人が熟慮した上で、クリニックの先生に相談しながら、自己責任で決めるべき内容になります。

施術後のイメージがつかない人も多いと思うので、まずは東京スカイクリニックの無料カウンセリングに予約して、自分の要望に沿うためには、どの包茎手術コースを選んだらいいのか、じっくり相談することが大事になってきます。

電話相談だと、思ったような意思疎通が難しく(電話先の相手がどの程度包茎手術に熟知しているかもわからない)実際にクリニックに出向いて、相談することを強くおすすめします。

切らない包茎手術(スカイメソッド)の注意点

東京スカイクリニックには、スカイメソッドと呼ばれる「切らない包茎治療」も用意されています。

いわゆるクリニックによる「包茎矯正治療」ですね。

スカイメソッドでの包茎治療の場合、

  • 切らないからその日から性行為が可能
  • 切らないからその日から入浴することが可能
  • 切らないから傷痕が残らない

というメリットがあります。

通常の包茎手術は「余っている包皮を適切な長さに切除し縫合する」手術のこと。

そのため、この切らない包茎治療は、東京スカイクリニックの包茎手術メニューページには掲載されていません。

切らない包茎治療というのは、「軽度の仮性包茎」の人のみが対象となり、メスを使わず、何らかの方法で余った包皮の剥きグセをつける施術のことです。

スカイメソッドは、公式サイト上で「メスも糸も一切使わない」と謳われているので、糸による仮止めではない別の方法で包茎矯正をするのだと思われます。

ただし、切らない包茎施術は、他のクリニックも用意しているので、そこまで珍しいことではありません。

軽度の仮性包茎の人しかこの術式での治療は受けることができないので、まず真性包茎、カントン包茎、中度~重度の仮性包茎の人は、スカイメソッドを受けることすらできません。

まずは、自分の包茎タイプがスカイメソッドの対象かどうかを診てもらうために、無料カウンセリングに予約することからはじめてみましょう。

【まとめ】東京スカイクリニックはこんな人におすすめ

東京スカイクリニックはこんな人におすすめ
ここまで、東京スカイクリニックの特長について施術メニューやコスト面での考察について書いてきました。

まとめると、

  • 包茎手術実績が豊富な包茎クリニックである
  • 包茎手術は全てハンドメイドでマイクロサージェリー
  • 真性包茎、カントン包茎、仮性包茎、いずれも施術費用は一律で明瞭会計
  • コスパ面で言うと「デザインカット」がおすすめ
  • 切らない包茎手術は一部のごく軽度の仮性包茎のみ対象

となります。

すでに、真性包茎手術は「上野クリニック」で、仮性包茎手術は「ABCクリニック」で、と施術クリニックを決めている人も多いと思いますが、お近くに両院がない場合や、東京スカイクリニックのマイクロサージェリーで包茎手術してもらいたいと考えている人は、ぜひ東京スカイクリニックでの包茎手術を検討してみてください。

東京スカイクリニックで包茎手術を予約する前に気をつけるべき注意事項

東京スカイクリニックの公式HPはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ