縫合部分、手術箇所、縫うところはどこがいい? | 包茎手術体験記
縫合部分、手術箇所、縫うところはどこがいい?

縫合部分、手術箇所、縫うところはどこがいい?

縫合部分、手術箇所、縫うところはどこがいい?

一般的な包茎手術っていうのは、余った包皮を切って、固定するために皮を陰茎に縫い付ける手術になります。

包皮っていうのは、ペニス本体を覆っている皮のことで、陰茎というのはオチンチンの棒の部分のことです。

包皮を切らない手術もあるので、一般的なという言葉を使いましたが、手術の割合から言うとこの切る手術の方が一般的で主流になっています。

最終的に陰茎に包皮を縫い付けるのですが、最も重要なポイントの一つに

包皮を縫い付ける箇所はどの辺りが適度なのか

って問題があると思っています。

なぜなら、包皮の縫合箇所=手術箇所であって、見た目に直結するところだからっていうことです。

もちろん、手術するクリニックが包茎手術の実績が豊富にあるっていうのが大前提です。

・包茎手術は包茎じゃなくすればいいでしょ。ってスタンスの病院
・クリニック運営暦が浅くトータル手術実績数の少ないクリニック

このような所で手術をするのであれば、出来上がりに期待する以前の問題だと思います。

一般的に亀頭直下に近い位置での縫合がわかりにくい

さて、この包皮を縫い付けるオチンチンの位置ですが、どのあたりに縫合するのが見た目を考えると望ましいのでしょうか。

一般的に、亀頭直下に近い位置での縫合が、手術の痕が亀頭のカサ・カリの下に隠れるので望ましいといわれています。

男の人それぞれに、亀頭のカリの大きさ深さは異なりますが、
おちんちんのサオの部分のど真ん中あたりで手術糸で縫われるよりは、
亀頭直下のカリに近い位置あたりで縫い付けられた方が目立ちにくいだろうなというのは、手術前の人にとっても想像はつくと思います。

なので、実際に亀頭直下に近い位置での手術を一番の目玉にしている包茎クリニックは多いです。

なぜなら包茎クリニックは、病院の泌尿器科と異なり
手術の痕をいかに目立たなくさせるかに存在意義があるから
です。

ただし亀頭直下での手術は手術料金高め

ただし、亀頭直下での包茎縫合手術は、部位的にとても難易度の高い手術になります。

例えば経験のない医者でも使いこなせる、クランプ式手術とかだと亀頭直下での手術は難しいですし、器具を使用しない手作業の手術であっても、手術実績が豊富なドクターでないと、亀頭直下での手術は難しいといわれています。

なので、亀頭直下での手術を受けられる際には、手術前のカウンセリング時に、実際の手術の症例写真を見せてもらって、納得してから手術を受けるのが良いでしょう。

そしてそのような背景から、亀頭直下式手術は一般的に亀頭直下以外の包茎手術と比べ手術費用が割高です。

中央クリニックのように、亀頭直下手術をオプション扱いとせず、

うちの包茎手術は亀頭直下で行いますよ

と謳っているような、明瞭会計で手術費用が良心的なありがたいクリニックはそれほど多くありません。

大切な一生に一度の包茎手術。
そのクリニック選びについて

・自分の予算を第一に考えて、その範囲内でベターな選択を行うか
・自分の望む手術が一番リーズナブルな手術費用で受けられるクリニックを選ぶか

意見の分かれるところだと思います。

亀頭直下という言葉に左右されすぎず、自分の希望に近い手術を選択すること

茎太郎の場合でいうと、亀頭直下から数ミリ程の位置で縫合されています。
亀頭のカリの直下に皮が引っ付けられてるって感じではないです。

ですが、包皮の皺にまぎれて自然に見えますし、通常時は包皮の余剰部分が亀頭直下まで下りてきているので、仕上がりに満足しています。

亀頭直下という言葉は一つの重要な指標とはなりますが、
手術の質・クォリティーはクリニックやドクターの技量により異なってくると思います。

重要なことは、手術手法のワードに左右されすぎず

1.包茎手術に対する自分の要望をしっかり持つ
2.予約の際は、口頭ではなく、WEBフォームから希望するプランを送信する
3.手術前のカウンセリングの際、自分の要望・予算を伝え、手術の前段階で錯誤がないようにする。

その上で、自分の納得のいくクリニックで手術を受けるのが良いと思います。

実際そのクリニックで行われている手術後の症例写真などを見せてもらったりしながら、
手術前に手術後の臨場感を持つようにすると、病院主動ではなく私達手術を受ける側主動での手術に近づくのではないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ