高校生で包茎は深刻 | 包茎手術体験記
高校生で包茎は深刻

高校生で包茎は深刻

高校生で包茎は深刻

包茎なんとか、自然に治らないかなーって思っている人にとっては
高校生で包茎である場合、中学生で包茎の人よりもはるかに深刻だといえます。
高校生で包茎は深刻ここで言う深刻の意味は、包茎が自然に治る可能性がほぼなくなるってことです。

まず真性包茎ですが、中学生の段階までに、手で少しずつ剥くなどして亀頭が自然と露出するようになっていないと、それ以降自然に治る可能性はほぼ絶望的になります。

それは、年齢ごとの真性包茎の割合のアンケート結果を見てもわかるように、中学卒業時の真性包茎の割合と成人以降の真性包茎の割合がそれほど変わらないことを見てもわかると思います。

次に仮性包茎ですが、これも自然に治る可能性があるのは、第二次成長期が終わるまでの間と考えてほぼ間違いないと思います。

ほとんど剥けてる状態、つまりほんとに軽度の仮性包茎で、ほんの少しの剥き癖さえつければ、自然治癒できるレベルであれば、成人以降でも治るのでしょうが。

ただ基本的には、成長期が終わってしまうと、身長の伸びが止まりますし、ペニス、おちんちんの成長も止まります。

仮性包茎は、おちんちん(陰茎)の長さと比べてちんこの皮が長すぎることが原因でおきている症状なので、結局、ペニスの成長が追いつかず、その状態のまま成長期を終えてしまったら、仮性包茎がほぼ確定ということになり、クリニック等で処置するしか治療方法がなくなってきます。

なので、高校時代にまだ仮性包茎だということであれば、成長期が終わるまでの残りわずかな間に、なんとか自力で治すための努力をするのがとても大事なことだと思います。

具体的にいうと、チンチンの皮がこれ以上伸びてしまわないように、オナニー、マスターベーション時にはやり方に十分注意をすることや、皮を手でこまめに剥いて、亀頭の露出時間を可能な限り長くするようにすることで、亀頭や陰茎の成長の阻害要因を極力排除することや、剥き癖をつけておくことも大事になってくると思います。

真性包茎、カントン包茎は包皮口の大きさ次第

一方の、真性包茎、カントン包茎は包皮口の大きさ次第でほぼ決まると思っています。

高校の頃であっても、手で剥くことで亀頭のほとんど大半が簡単に露出できる真性包茎や、包皮口の締め付けが勃起時もそれほどきつくない嵌頓(カントン)包茎は手で剥くことを繰り返すことで、成人前に包茎が自然と治る可能性もあります。

下記の器具は茎太郎が使って検証したわけではありませんので、効果の程はちょっとわからないのですが、真性包茎の程度が軽めの人であれば、検討してみてもいいかもしれません。

包皮口が少しずつ広がっていくことで、自然と無理なく包皮が剥けている状態に持っていけることができれば、包茎手術する必要もなくなります。

ですが、そもそも包皮口が狭い人の場合、いくら剥く練習を繰り返しても、いくら包皮口を広げる訓練をしても、限界というものはあります。

茎太郎自身がそうでした。
何度、包皮口を広げる訓練をしても、力で無理やり剥こうとしても、まったく亀頭を全露出させることは出来ませんでした。
それどころか、無理して剥こうとした結果、出血も酷く、包皮の先っちょも内出血してしまったのか、青紫色にはれ上がってしまいました、、(汗)

数年間、どんなに剥く練習をしても、どんなに包皮口を広げる訓練をしても亀頭の先っちょしか見えなかった。というのが茎太郎の現実でした。

ですので、結局真性包茎、カントン包茎が若いときに自然に治るかどうかは、包皮口の大きさ次第だと思います。

茎太郎の経験上言えることとしては、自然と治るのは難しそうだなという見切りは早めにつけて、包茎治療のプロフェッショナルである包茎クリニックに相談に行くのが一番だと思います。

包茎手術を受けるのであれば、出来れば時間に余裕のある学生の間(社会人であれば土日を利用して)やパートナーがいない間に済ませるのがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ