高齢者や要介護者に包茎手術する人が多い理由 | 包茎手術体験記
介護前の高齢者に包茎手術受ける人が多い理由

介護前の高齢者に包茎手術受ける人が多い理由

高齢者や要介護者に包茎手術する人が多い理由

包茎手術すべきかどうかの判断基準「老人性包茎」

はじめて耳にする人も多いかと思いますが、そのままの意味で「高齢者で包茎の人」のことを意味します。

茎太郎の少し驚いたのですが、実は、介護を受ける前、介護施設に入所する際に包茎手術を受ける高齢者の男性がかなりの数いるそうです。

要介護者の割合を見ていくと、40~64才で0.4%程度、65~69歳では2.8%程度になっており、加齢とともにその割合は急速に高くなり、80~84歳で28.4%程度、85歳以上になると58.4%程度となっています。

これら高齢者の方たちが包茎手術を受ける最も多い理由の一つが、介護してもらうときに、包茎の下半身を介護者に見られたくないということだそうです。

この理由を聞いて、茎太郎自身も「なるほどな」と、高齢者や要介護者に包茎手術する人が多いことについて、腑に落ちた思いがしました。

1.介護者には女性スタッフも多い

介護を受ける人を要介護者、介護をする人を介護者とよびますが、介護者には、配偶者のほかに子供や子供の配偶者、その他親族や、介護施設事業者がなるケースが多いです。

内容的には、離床介助、食事介助、脱衣介助、排泄介助や入浴介助などがあります。

介護の中には、身体をきれいにするために、介護者に入浴時のサポートを受けたり、身体全身を拭いてもらうことも当然ながらあるため、その前に包茎手術を受けておこうと思う男性も多いのだと思います。

要介護者自身で仮性包茎のケアは難しい

確かに仮性包茎は、真性包茎やカントン包茎と異なり、自分でこまめに皮を剥いて、清潔に保つことができれば、手術するかどうかは、本人次第という側面がありました。

ただ、高齢となり、他人の介護が必要になる状況になった場合、自分でこまめに清潔に保つことなど出来ません。

下半身を拭いてもらうような、今まで自分でやっていたことの大半は介護者にやってもらうことになります。

仮性包茎の場合、ケアするのに皮を剥いて、恥垢(尿やホコリや垢や雑菌が固まったもの)を洗い流しふき取ったり、余った包皮と亀頭の間に巻き込まれた陰毛を取り除いたり、他人にしてもらうには、羞恥心を伴うものも少なくありません。

介護者が男性の場合でも女性の場合でも、介護を受ける前に包茎を治しておきたいなと思う方は、おすすめの包茎クリニックをご紹介しているのよろしければご検討ください。
※参考記事高齢者の包茎手術におすすめのクリニック一覧へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ