おしっこが便器の外に飛び散る | 包茎手術体験記
おしっこが便器の外に飛び散る -茎太郎の包茎手術体験記

おしっこが便器の外に飛び散る -茎太郎の包茎手術体験記

おしっこが便器の外に飛び散る

先ほどお話しした「パンツの黄色いシミ」エピソード。
きっと、世の中の真性包茎の人や重度の仮性包茎の人たちの多くが実体験として感じていると思います。

でも安心してください。
包茎手術後は、びっくりするほどパンツが黄色くなりません(笑)

では、次に2つ目の悲しいエピソードを書いてみたいと思います。

悲しき包茎エピソード2、はじまります、、

毎回便器がおしっこまみれ

毎回便器がおしっこまみれご存知の通り、男性用トイレには小便用と大便用の2種類の便器があります。

その小便用便器には、決まって次のようなことが書かれていますよね。

「もう一歩前へお進みください。皆さんの協力によりこのトイレは綺麗さを保っています。次の人のために便器は美しく守りましょう。」

要は「おしっこが便器からはみ出ると汚れるので、放尿時はなるだけ便器に近づこうね。」
ってことがお願い口調でかかれてあります。

茎太郎は、おしっこをする時いつも憂鬱でした。

おしっこが小便用の便器の外へはみ出てしまうことがほとんどだったからです。

特に学校のトイレでは、トイレ掃除の人に申し訳なく思っていました。

またそんな状態を人に見られるのがとても恥ずかしかったので、
小便といえど周りに人がいない時間を見計らってするようにしていました。

なぜ小便用の便器の外へおしっこが飛び散ってしまっていたのかというと、
これも包茎が原因で起こっていることでした。

包皮口が狭すぎることで尿が飛び散る

少し解説すると、真性包茎の場合尿道から出たおしっこはそのまま外へは行きません。
まず包皮内にたまります。

包皮と亀頭の間にオシッコがたまることで、包皮が膨らむんですが、その圧力で包皮の狭い入口から尿が放出されるようになります。

そして真性包茎の場合、先っちょの穴があまりにも小さすぎるのでおしっこがすごい勢いで外へ放出されてしまうのです。

その結果、おしっこの出る勢いがあまりにも強すぎるためにいろいろな方向に尿が飛び散ってしまうってわけです。

直接の原因は、オシッコの水圧?で包皮の先っちょが無数に傷ついてしまっていることがオシッコが飛び散ってしまうことかもしれません。

毎回便器がおしっこまみれ同じことは、和式の大便用の個室の便器でも起きてしまいます。
真っ直ぐにオシッコが飛ばず、足に引っかかることで靴下がおしっこまみれになったことも少なくありません。

学校でそんなことがおきた時は、靴下をごみ箱に捨てて靴の中は素足で過ごしました、、(涙)
・・・
・・

これまた当時、オシッコがあらぬ方向に飛び散る原因が包茎だということがわかりませんでした。

なんで自分だけおしっこするのが下手なんだろう
と一人落ち込んでいたのですが、包茎手術後はオシッコが飛び散ることはほぼなくなりました。

そんなわけで、当時は母親だけでなく、学校のトイレ掃除の人にもかなり迷惑をかけたと思います。

この場をかりてあやまりたいと思います。
本当にすみませんでした、、

それから、オシッコ関連ということで、オシッコと一緒に出てくる「白い塊」と包茎の関係についても書いてみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ