恥垢は包茎ペニス特有のもの!紙コップに浮いてた白い粉の正体とは? | 包茎手術体験記
恥垢は包茎ペニス特有のもの!紙コップに浮いてた白い粉の正体とは?

恥垢は包茎ペニス特有のもの!紙コップに浮いてた白い粉の正体とは?

恥垢は包茎ペニス特有のもの!紙コップに浮いてた白い粉の正体とは?

恥垢は包茎ペニス特有のもの!紙コップに浮いてた白い粉の正体とは?このころ茎太郎が疑問に思っていたことの一つに、オチンチンに毎回引っ付いている「白い粉」のようなものの存在がありました。

「チーズの粉のような、黄色に近い白い粉」

この「白い粉」の正体が、世の全ての男性の天敵である「恥垢」だったのですが、まだその当時の茎太郎は「恥垢」という名前すら知りませんでした。

ただただ、「オチンチンに白い粉が付くのはなんでだろうな?」と不思議に思っていたものです。

1.恥垢は湿気のある密閉空間で作られる「チンカス」のこと

恥垢は湿気のある密閉空間で作られる「チンカス」のことこの恥垢ですが、その正体は「残尿」「汗」「皮膚のカス」「雑菌」などが包皮とオチンチンの間に溜まって固形化したものです。

恥垢は白っぽいチーズの粉のような見た目で、臭いもチーズの腐ったようなすえたような臭いがします、、

恥垢というと難しく聞こえますが、世間一般的に言うと「チンカス」のことです。

恥垢は包茎特有のものなので、包茎ではない人のオチンチンとは無縁のものだと言われています。

恥垢が作られる環境が、ジメジメした湿気のある場所である必要があり、その構成要素である「残尿物」や「雑菌」や「皮膚のカス」も密閉空間に存在する必要があるため、皮が剥けているオチンチンには恥垢が存在しないということです。

つまり、恥垢は「真性包茎」、「カントン包茎」、「仮性包茎」の人のオチンチンに存在するモノということになります。

2.真性包茎の場合、恥垢の一部がオシッコと一緒に出てきます

真性包茎の場合、オシッコを出し終わっても、まだ包皮の中にオシッコが溜まっているんですよね。

そんなわけで、そのままパンツにオチンチンをしまうと、皮の中に溜まってた残尿物が時間をかけてゆっくりとパンツにしみ出すため、周りから「オシッコ臭い」と思われる最大の原因となってしまうため注意が必要です。

当時真性包茎だった茎太郎は、オシッコが終わった後、オチンチンの皮の先を「ピッと」親指と人差し指でつまみ、皮の中に溜まったオシッコを可能な限りひねり出した後、パンツの中にオチンチンを収納するようにしていました。

そんな時、包皮の残尿と一緒に出てきた無数の白い固形物が、恥垢だったというわけです。

真性包茎の場合は、皮を剥いて中のオチンチンを掃除することすらできないため、皮の内側に恐ろしい数の恥垢が溜まっているんですね。

その溜まりまくった恥垢のごく一部が、残尿の水流に洗い流されるように、外に出てくるというわけです。

包皮の中に残された恥垢は、その多くが包皮内部に残されながらも、少量の残尿とともにパンツにしみ出すものもあり、周りに異臭を放つ要因ともなっています。

3.尿検査で紙コップに恥垢が浮かんでて泣きたくなった

ちなみに、恥垢関係で最悪だったのが、検尿の時の思い出です。

学校の健康診断の時、尿検査をするために、トイレで紙コップの中にオシッコを出して提出するのですが、よく見ると水面に白い粉がたくさん浮かんでいるんですよね、、

「これ何だろう?紙コップの紙が剥がれたものかな、、」

気になったものの、茎太郎は周りの友達に診られないように、紙コップをこっそりとそのまま提出しました。

その白い塊こそが、恥垢だったってわけなのですが、、

幸い、それが原因で尿検査に引っかかったことはありませんでしたが、オシッコの中に変な固形物が混ざっていたことで、茎太郎はとても気味の悪い思いをしたのです。

4.仮性包茎、カントン包茎の人は皮をめくって掃除しましょう

仮性包茎、カントン包茎の人もチンカスは溜まります。

ただ、真性包茎とは違って、仮性包茎もカントン包茎も、一時的に皮を剥くことはできるため、恥垢を洗い流すことは可能ですね。

恥垢は、自分たちが思っているよりも結構早く溜まるため、こまめに皮を剥いて恥垢を洗い流す必要があります。

恥垢関係で、一番やっちゃいけないことは、不特定多数の人が共同で利用している公衆浴場などで、オチンチンをしっかり洗わずに、湯船に浸かってしまうことですね。

包茎じゃない人も、身体を軽く洗い流してからお湯に浸かるのがマナーだと思いますが、包茎の人はそうでない人と比べて恥垢が溜まりやすいため、湯船に入る前に人一倍気を付ける必要があると思います。

オチンチンを洗わずに湯船に浸かってしまうと、みんなが利用する大浴場のお湯の中に、包皮内に溜まっていた、恥垢(チンカス)や抜け落ちて包皮に挟まっていた陰毛などが放出され、プカプカと浮かんで周囲に迷惑をかけてしまうことになります。

いずれにしても、恥垢を無くすことは、下半身の嫌なニオイを防ぐ一つの要因になりますし、そのことも包茎を治す大きな一つの動機になってくるでしょう。

・・・
オシッコに関する話が続きましたが、次は、茎太郎が修学旅行の時に体験した、包茎男子ならではの甘酸っぱい思い出について書いてみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ