包茎は恥ずかしいのか | 包茎手術体験記
包茎は恥ずかしいのか

包茎は恥ずかしいのか

包茎は恥ずかしいのか

包茎は恥ずかしいのか今回は包茎のままのおちんちんでい続けることは恥ずかしいことなのかについて書いてみたいと思います。

ここでいう包茎とは仮性包茎のことですね。

なぜなら、真性包茎とカントン包茎は、早めに包茎手術して治さないことには、性生活の面だけでなく、健康上も支障があるからです。

真性包茎とカントン包茎の場合、恥ずかしいかどうかの問題ではなく手術して治す必要が差し迫っているということです。

・・・
話を仮性包茎の話に戻します。

仮性包茎のままでい続けることは、実際恥ずかしいことなのでしょうか?

仮性包茎のまま、生活し続けることで、肩身の狭い思いをしたりしないのでしょうか?

パートナーの女性や友達に見られたときに自分がどう思うかがポイント

仮性包茎の場合、手で剥かないことには、亀頭の一部(あるいは全部)が余分な皮で覆われてしまうので、皮とペニスの間に恥垢やばい菌が溜まりやすいです。

恥垢や雑菌というのは、排尿時に残った尿のカスや、性行為時に放出された精子の残りかす、その他、性病菌などの雑菌の残留物の総称です。

それらが、密閉された皮の内部に溜まりやすいため、周囲に悪臭を放ったり、不潔な状態になりやすいことが問題とされています。

女性からしても臭いペニスの男性は嫌ですよね。

また、亀頭部分が包皮でおおわれる時間が多いため、亀頭部分が先細りしてしまうことも指摘されています。

ただ、仮性包茎の場合、皮を剥くことができるので、皮とペニスの間にたまった恥垢や雑菌を洗い流すことが可能です。

抜け落ちた陰毛なども挟まってしまうこともありますが、それも洗い流すことができます。

つまり、仮性包茎の場合、真性包茎やカントン包茎ほど、手術して治す必要性に迫られていないということです。

そのため、仮性包茎に悩んでいる人は、手術して治すか、仮性包茎のまま生活するのかの選択を迫られることになります。

仮性包茎手術した人にも、しないことに決めた人にも、それぞれ話を聞くことができましたが、結局のところ、仮性包茎手術をして治すかどうかは、「他人の目が気になるかどうか」が一番のカギになっているように感じました。

冒頭に掲げた「包茎は恥ずかしいのか」の問いを自分自身にするイメージになります。

  • 彼女が出来たときに包茎であることに恥ずかしさや負い目を感じるか
  • 銭湯や露天風呂で友達と丸裸になったときに、引け目を感じるかどうか

このことを自問自答して、別に仮性包茎のままでいいやと思えるのであれば、仮性包茎を直す必要性はないんじゃないかと思います。

反対に、いややっぱり仮性包茎のままだと、ちょっと嫌だなと思うのであれば、仮性包茎を治すことを検討すればいいのだと思います。

ちなみに、こちらのページで仮性包茎の治し方について詳しく解説しています。

それでは、ここまでの話を整理したいと思います。

「包茎は恥ずかしいのか」どうかは、自分が包茎であることに対して、客観的にどう感じているのか。

その直感が大事だと思っています。

価値観は人それぞれですし、それでいいと茎太郎は考えています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ