なぜ包茎じゃダメなの?【包茎の弊害・問題点】 | 包茎手術体験記
包茎の弊害デメリット

包茎の弊害デメリット

なぜ包茎じゃダメなの?【包茎の弊害・問題点】

包茎手術をしようか迷っている人の中には、なぜ包茎じゃダメなの?と手術をやらない理由を一生懸命探している人もいるかもしれません。

真性包茎やカントン包茎であれば、まともな性生活を送ることも出来ないですし性病のリスクが高まることなどから、包茎手術で治す以外の選択肢が見当たらないため疑問を挟む余地はなさそうですが、仮性包茎の弊害や問題点にはどのようなものがあるのでしょうか。

仮性包茎のデメリットといわれている内容であっても「いや自分はそれを弊害だとは思わないな」って感じるのであれば、手術なんてする必要ないのかもしれません。

改めて仮性包茎含めた包茎全般に関して、デメリットをまとめてみたいと思います。

四六時中包皮に覆われていることで亀頭が先細りする

勃起すると剥ける仮性包茎だったとしても、日常生活のほとんどの時間ペニスは勃起していない状態だと思います。つまりほとんどの時間亀頭は皮を被っているってことです。

皮を長時間かぶっていると亀頭が大きく育ちません。
ペニス全体の長さもそうですが、特に亀頭のカリの部分が目立たなくなってしまうので先細りのペニスになってしまいます。

通常時から全剥けの状態で亀頭が露出していれば、きのこエリンギのような立派なカリ状態のペニスになるのに、いびつでカリの目立たないヒョロヒョロしたオチンチンになってしまうのです。

先細りしてしまったペニスは、まるで、土筆(ツクシ)のような頭の目立たないおちんちんです。

またほとんどの時間亀頭が包皮で覆われているので、ペニスが敏感になり早漏になりがちな点もデメリットなことといてあげられると思います。

性病のリスクや悪臭による弊害

真性包茎,仮性包茎いずれも亀頭が皮で覆われているため、恥垢(尿や精液のカス)や雑菌が溜まりやすいです。

恥垢が溜まり酸化することで、オチンチンから悪臭(すえた臭い)がするようになります。

自分で思っている以上に、パートナー(彼女や奥さん)には臭うと思います。

臭うだけではなく、通気性が悪くジメジメしているのでばい菌が繁殖しやすく、性病にかかりやすいこともデメリットとしてあげられます。

その他、亀頭周囲炎や余った包皮が炎症をおこし包皮炎になってしまうリスクもあります。

その他包茎が原因で感染する危険がある性病として「陰茎ガン」「尖圭コンジローマ」「性器カンジダ症」「性器ヘルペス」等が挙げられ、パートナーを「子宮頸癌」にしてしまうリスクも高くなるといわれています。

仮性包茎であれば、自分で皮を剥いて、亀頭についた恥垢を洗い流すこともできますが、真性包茎の場合、亀頭を外に露出させることができないので、亀頭を清潔に保つことが難しいのでとても深刻です。

包茎と性病・性感染症についての因果関係については「包茎って性感染症や癌になりやすい?」のページに詳しく書いていますので、よかったら見てみてください。

コンプレックスから、異性に消極的になる

剥けてないことや臭っているんじゃないかということをコンプレックス・劣等感に感じて、異性に対して消極的になってしまうことも大きなデメリットだと思います。

私は真性包茎でしたからこの気持ちはとてもよくわかります。

また仮性包茎の場合も、亀頭が出ていないことにコンプレックスを感じる人はとても多いようです。

私の知人などは、公衆浴場、温泉、銭湯に行くときなどは、オチンチンの根本にアロンアルファなどのボンド、接着剤をつけて、余った皮をまとめて固定しているって強者もいましたが、危険ですのでやめといた方が良いと思います。

以上が包茎であることの主なデメリットだと思います。特に仮性包茎の人は上記を大きなデメリットと感じるかどうかで手術するかどうかの一つの判断としてみると良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ