包茎手術は何歳頃行えばいいの? | 包茎手術体験記
包茎手術は何歳頃行えばいいの?

包茎手術は何歳頃行えばいいの?

包茎手術は何歳頃行えばいいの?

包茎手術は何歳頃行えばいいの?実際、包茎手術は何歳頃行えばいいのでしょうか。

  • 早く彼女を作りたいから一刻も早く包茎を治したい
  • 亀頭を清潔に保てるので手術は一日も早いほうが良いのでは?
  • 友達と銭湯に行くとき堂々としたいので一日も早く手術したい

深刻なコンプレックスである包茎から「一日でも早く卒業したい」という、焦りにも近い思いを抱いている人も多いでしょう。

包茎手術の適切なタイミングなんてあるんでしょうか。

あるとしたら何才ぐらいが最適なタイミングなんでしょうか。

仮性包茎のケース、真性包茎のケースにわけて見ていきたいと思います。

仮性包茎の最適なタイミングはペニスの成長期が終わった頃

仮性包茎は、ペニスの包皮が余りすぎて亀頭に余った皮がかぶさってしまう症状でした。

逆に言うと、成長期にペニスのサイズが大きくなることで皮の余りがなくなり包茎でなくなる可能性もあるのです。

そう考えると仮性包茎の一番いい包茎手術のタイミングは、もちろん個人差はあるものの成長期の止まる頃以降が最適であると考えられます。

年齢でざっくりと言うと、少なくとも18歳を過ぎてからということになるでしょうか。

成長期が終わる年令を過ぎてもまだオチンチンの皮が余った状態であれば、その後に自然に仮性包茎が治るってことは無いんじゃないかと考えられるからです。

ですので、仮性包茎の場合の最適な手術のタイミングはそういった成長期を過ぎた位の頃だと考えられます。

逆に言うと、仮性包茎を自然に治すためには、ペニスの成長期が終わるそのぐらいの年齢までの間に、こまめにチンコの皮を剥いて亀頭を露出させ、おちんちんの成長阻害要因を少しでも減らす努力をする必要があるということになります。

真性包茎の手術は早いほうがいい

一方、真性包茎の程よい手術のタイミングは仮性包茎とは全く異なります。

なぜなら、真性包茎は包皮口が狭すぎて亀頭が全く顔を出さない状態のことだからです。

生まれてすぐの赤ちゃんのほとんどが真性包茎だといわれていますが、自然治癒する真性包茎は子供の頃までにほぼ治るという調査データもあります。

つまり、真性包茎の程度にもよりますが「高校生になっても皮を手で剥いて亀頭を外に出すことができない人」は、その後真性包茎が自然に治ることはほぼないと考えて間違いないでしょう。

「いつか自然に包茎が治ってくれたら、、」など淡い期待(妄想)を抱き、真性包茎の現実から目を背け、手術までの時間が伸びれば伸びてしまうほど、ペニスにとっては大きなデメリットになります。

なぜならオチンチンの成長期に、全く亀頭が露出できず包皮に圧迫された状態が続くということは、包皮が剥けて亀頭が露出しているペニスと比べ成長が阻害されている状態ということができますし、真性包茎は、性感染症や陰茎癌のリスクが高まるなど、健康上のきわめて深刻な問題といわれているので、長期間放置するべきではないからです。

なので、真性包茎の手術はペニスの成長期が訪れる前にすませておくことが望ましいと考えられています。

嵌頓(カントン)包茎も同じく、放置することで健康を損なうリスクを抱えるため、早期に済ませておくことがのぞましいと考えられています。

仮性包茎は20歳で手術するのがオススメ

ここまでの話をいったん整理すると、

  1. 仮性包茎・・・成長期を過ぎた位の頃
  2. 真性包茎・・・なるべく早い段階(幼少期のぞく)
  3. カントン包茎・・・なるべく早い段階(幼少期のぞく)

包茎手術の目安としては、このように認識しておくと良いです。

なので、仮性包茎を手術して治したいのであれば、最適な時期の目安としては、20歳(ハタチ)の頃が一番望ましいのではないかと思います。

20歳になるまで皮の剥き癖を付けながら、亀頭を外に出す(皮の外に露出させる)時間を出来るだけ長くして、自然に治るのを待ちながら、それでも自然に治りそうにないのであれば、包茎手術を検討すればよいでしょう。

真性包茎も20歳で手術するのがオススメ

問題は、真性包茎とカントン包茎の手術のタイミングをいつ頃に合わせるかです。

真性包茎もカントン包茎も、ある一定年齢過ぎると、自然治癒はほぼ絶望的であることは前述のとおりです。

ただし、未成年の場合、包茎手術を受けるには両親の承諾が必要になってきます。

例えば、18歳で、高校卒業したタイミングで包茎手術しようと思っても、親に

「包茎手術を受けたいから、同意書にサインをおねがいできませんか?(できたらお金もお願いします、、、)」

と頭を下げなければいけないということになります。

親も突然の告白にびっくりするでしょうし、親に対してだって自尊心というかプライドを保っておきたいという気持ちは誰にだってあると思います。

それを考えると、真性包茎にしても、カントン包茎にしても、包茎手術する現実的な年齢としては、20歳の誕生日を迎えた段階がベストなのではないかなと思っています。

包茎手術体験記にも書いた通り、茎太郎も大学に入学して、20歳になってすぐに真性包茎の手術を受けました。

まとめると、真性包茎も仮性包茎もカントン包茎も、20歳で手術するのが茎太郎的にはおすすめです。

一日も早く手術を受けたかったのですが、同時に誰にも知られず、ひっそりと包茎手術を受けたかったからです。

そう考えると、ハタチになったと同時に包茎手術するのがベストタイミングなんじゃないかと、今現在もそう実感しています。

もちろん個人差はありますし、上記は一般論となりますので、具体的に何歳で手術に踏み切るかは、当サイトでご紹介しているような、包茎手術の実績が豊富なクリニックに一度相談されてから、手術のタイミングを決めるのが良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ