包茎手術の種類 | 包茎手術体験記
包茎手術の種類について

包茎手術の種類について

包茎手術の種類

包茎手術の種類について
包茎の種類のページにも書きましたが、世間一般的に言われている包茎には3つの種類がありました。

  • 「真性包茎」
  • 「仮性包茎」
  • 「カントン包茎」

ですね。

この中で包茎人口の約7割と大部分を占める仮性包茎は、医学会で定義されている包茎には当たらず、健康上差し迫った手術の必要性はありません。

手術するかしないかを決める大きな決め手は、「健康上」の問題ではなく「見た目上」の問題によることになるかと思います。

お風呂に入るとき等、自分でこまめに毎日皮を剥いて恥垢や雑菌を洗い流して清潔に保てば、性感染症や陰茎ガンになるリスクを減らすこともできますしね。

ただ、日常的に皮を被ってることで、亀頭部分がどうしても先細ってしまうことはあると思います。
亀頭のカリの部分が小さく(細く)なりがちになってしまいます。

早めの手術が必要な真性包茎とカントン包茎

問題は、真性包茎とカントン包茎です。

これらの包茎は、日常生活、とりわけ性生活において支障になるので手術して治す必要があります。

真性包茎は亀頭部分を外皮の外に出すことが全くできないため、「チンカス」と呼ばれる恥垢が溜まりまくって、不衛生極まりないですし、カントン包茎は、真性包茎ほどではありませんが包皮口が狭すぎるため、中途半端に皮が剥けた状態で勃起してしまうと、「皮の先っちょの穴」と「その穴に締め付けられるペニス」の両方に激痛が伴うため、パートナーを伴った性行為に支障がでることが考えられるからです。

つまり、この状態を放置することは非常にまずいということで、手術して治すという必要がでてくるわけです。

「真性包茎」や「カントン包茎」なのであれば、包茎手術で早めに包茎を治すことをおすすめします。

ところでこの包茎手術ですが、具体的にはどのような手術が行われるのでしょうか。

包茎手術とは包皮を切る手術

真性包茎とカントン包茎に関して言うと、大半が包皮を切除する手術になります。

両者とも包皮口が狭すぎることが原因なので、その包皮口を切除してしまいます。

そして、陰茎に縫合するって手術になります。

縫合する位置や方法、またどこで手術するかによって手術費用は変わってきますが、いずれも包皮を切って陰茎に縫い付けるって手術になります。

縫合する位置とは、陰茎のどの部分に包皮を縫い付けるかということで、感覚値とはなりますが、亀頭直下から1センチぐらいまでの間のどこかに縫い付けるケースが多いんじゃないかと思っています。

手術の名称としては、亀頭直下に縫合する亀頭直下法や器具を使用するクランプ式手術などありますが、大事なことはこうした名前を覚えることではなく、そのクリニックで行われる包茎手術を受けるとどのような仕上がりになるのか、カウンセリング時に術後の写真を見せてもらいながら、説明を受けることの方がはるかに大事だと思います。

そうすることで、包茎手術後に「事前に思っていたイメージと違った」と病院側とトラブルに発展するリスクも減っていくのだと思います。

ちなみに、茎太郎も亀頭直下から数ミリ位の箇所で包皮縫合されているみたいです。

当時学生でお金もなかったので、オプション手術は特に希望しませんでした。

亀頭から近い位置で包皮を縫い付けると、傷口が亀頭のカリの部分に隠れ、わかりにくくなることや包皮と陰茎の色の違い(ツートンカラー)が目立ちにくくなるといったメリットがあります。

ちなみに茎太郎の場合、縫合箇所が亀頭直下よりも数ミリ程度下になっているみたいでしたが周囲の人や友達や彼女に手術がばれたりなどの不自由をしたことは一度もないですね。

勃起してない通常時は、皮の余り部分が亀頭直下に集まっているので、手術部分が皮の皴に紛れて自然ですし、縫合部の境目もほとんど目立たないです。

包茎手術後は、銭湯もスポーツジムも堂々と行ってますし、もちろん股間をタオルで隠すことも全くなくなりました。

包皮を切らない包茎手術

軽度の仮性包茎の人を想定した手術方法だと思いますが、切らない包茎手術もあります。

細い糸で数ヶ所縫って、むけるクセをつけるという手術になりますが、一般的な包茎手術と比べるとかなりリーズナブルな手術費用に設定しているクリニックが多い感じがします。

切らない包茎手術でとくにリーズナブルなクリニックとしては「皐月クリニック」と「東京ノーストクリニック」が知られています。

ただあくまでも包茎手術の中でもマイノリティな位置づけであって、「かなり軽度の仮性包茎の人」のための治療と考えておいた方が良いでしょう。

「真性包茎」、「カントン包茎」、「仮性包茎」いずれの場合にせよ、包茎を完治させたい場合、ほとんどが皮を切除して縫合するタイプの、通常の包茎手術が必要になってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ